2019.04.26-05.03 四国逆回り40

2019.05.02[Thu]
鳴門駅前13:05→翼山温泉13:55
徳島バス [引7]引田線、¥640、26.5km

鳴門駅前にて
徳島バス 翼山温泉行

鳴門駅前バス停にあった足湯はスルーして、翼山温泉へ向かう。「四国逆回り」の乗り継ぎは手前の引田駅前だが、接続するバスがないため、温泉で時間を潰す。温泉立寄りは八幡浜以来*1、翼山温泉に露天風呂はないらしいが、わくわくしつつバスに乗る。

鳴門駅前での乗客は2人。出発直後に向きを変え、撫養川沿いに回り込んでから鳴門局前へ。一瞬、なんでこんなルートを取るのか分からなかったが、交差点先がすぐ踏切なので、右折で詰まるのを避けているのかもしれない。鳴門線を越えると、先ほど昼食で寄ったキョーエイ前にある鳴門駅西で3人が乗車、こんなルートならこっちで待っていれば良かった、なんて気分になってくる。西光寺前までが市街地という感じだろうか、ここの出発直後の乗客が最大(8人)だった。

穏やかな天候の中、順調にバスは進むが、粟田葛城口の手前あたりから渋滞につかまる。停車している時間が長いため、交通事故か何かだろうと当たりをつけて道の先を眺めるが車が連なるのみ、非常にゆっくりした足取りで少しずつ前へ進む。海が見えてもまだ解消しなかったが、少し進むと渋滞の先頭が見えてくる。渋滞の原因は事故でもなんでもなく、食堂「びんび家」へ入ろうとする車の列*2が国道を支障していただけだった。よっぽど評判がいい店なんだろうけど*3、公道の通行を大きく妨げていたので相当印象が悪い。結局、ここを抜けるのに30分近くかかり、びんび家前を通過した時点で、すでに終点の到着予定時刻を過ぎていた。運転士の表情はイライラ半分、諦め半分といった雰囲気に見えたので、これまでも長期連休中には繰り返されてきた渋滞なんだろう。

その後も途中乗降は若干あったが、引田駅前では降車がなく、残った乗客3人すべてが翼山温泉まで乗車した。翼山温泉の到着は14時20分、遅れは25分に縮まったものの、折り返しとなるバスの出発時刻である14時15分はとうに過ぎている。翼山温泉でバスを待っていた人たちからは、ネガティブなオーラばかりが出ているように見えた。折り返しのバスはすぐに出発していったので、それを見届けたのちに温泉へ向かう。


*1:計画では津島やすらぎの里日和佐薬王寺温泉にも寄るつもりだったが、前者はルート変更により、後者は(先にビールを飲んでしまって)面倒になったので、それぞれ立寄らずだった。

*2:食堂の駐車場が満車のようで、それが空くのを待っている車に見えた。

*3:検索すると、魚が新鮮だとか刺身が肉厚とかの評判が目に入る。