2020.10.25-31 南から北へ214

2020.10.28[Wed]
大野14:34→三日町15:37~ラピアバスターミナル(行)
南部バス 大野線、¥1,380、32.2km

大野にて
南部バス ラピアバスターミナル行

本日3本目のバスは今日最後のバス。これまでの2本とは違い、いかにも路線バスといった車体がやってきたので安心する。大野からの乗客は3人、街へ出る若者と家に帰るおばあちゃん(想像)。若者はバスを待っている間にタバコをふかしていたが、タバコが吸える年齢なら普通バスなんか使わないよなあ、なんて考え、つい微笑ましく思ってしまう。

予想したとおり、おばあちゃんは洋野町内の関口で降りたので、けっこうな距離を若者と自分、乗客2人だけの状態で移動する。万谷の先で軽米町に入るが、町内での乗降はなし。大道口では軽米町のコミュニティバスからの乗り継ぎも可能だが*1、二戸と久慈を天秤にかけて、今回は後者を選択した*2

土折からは青森県になる。しばらくは道路が八戸市と階上町の境界となっていて、道の両側に人家が並ぶ田代付近など、住んでいる人たちはどういう感覚なんだろう、バス停の所在地はどちらの住所になるのだろう、なんて考えたりする。そんな田代付近は旧道沿いをバスは進み*3石仏付近で道の両側ともに八戸市となる。ただ残念なことに、大野以外での乗客はいまだない。

青森県に入ってからは、これまでずっと高台にある道を進んできたが、こどもの国入口手前で平野部へと出る。石手洗団地前にてようやく始発バス停以来の乗客があり、ほっとする。そのうち道はいつの間にか一方通行となっていて、寺横町では大野から一緒だった若者も降車した。直後、次は三日町とアナウンスが入ったので、慌てて降車ボタンを押す。バスを降りた通りも一方通行、八戸の市街地は一方通行だらけでけっこう感覚がつかみにくい。

2020.10.28[Wed]
三日町…八戸十一日町/徒歩、0.5km

八戸十一日町にて
日が傾きかけた八戸十一日町バス停

さくら野百貨店前でバスを降り、本日の宿へ向かって歩く。その前に翌日乗るバス停の確認を済ませておきたい。八戸には市営バス、南部バス、十鉄バスの3社の路線があって、それぞれが独自のバス停を持っていたりする。十一日町もそうで、市営バスのバス停の先に十鉄バスのバス停があった。三日町からは、ともに「八戸中心街ターミナル」を名乗る六日町で乗り継ぐ方が歩く距離は短いが、明日乗るバスは八戸十一日町始発なので、そこから乗るつもりだ。宿からもそっちの方が近いというもっともな理由もある。

バス停を確認した足でそのまま宿にチェックイン。昨日に引き続いて支払いは2,000円台だが、地域共通クーポンはなし。エレベーター内に「宿泊予約は1週間でチェックイン時に期間を短縮した場合、地域共通クーポンは短縮後の分だけ渡します」みたいな注意書きがあったので、もしかしたらそういうことをやった人に渡してしまったのかもしれない。クーポンはなくても気にならない*4、宿泊費の安さだけでも十分だ。

本日はスーパーで見切り品を買って部屋で晩酌するつもりでいたが、あいにく近くのスーパーを見つけることができなかったので、さくら野百貨店へ。百貨店だからお惣菜も高いかななんて思っていたが、それほどでもなかったので、刺身や翌日の朝食なども買い込む。天気予報は今晩の雨を伝えるが、明日の降雨は心配ないとのこと。念のため、折り畳み傘を出しやすい位置にパッキングしなおしてから眠りについた。


*1:久慈駅09:35→10:45二戸駅12:35→13:32軽米新町13:45→14:09大道口14:54~のルート。

*2:大道口での1時間待ちが辛そうだ、という点も見送り理由の一つである。

*3:もちろん市町境も旧道沿いだ。

*4:というか、そのためにローソン詣でするものも正直飽きてきている。

2020.10.25-31 南から北へ213

2020.10.28[Wed]
久慈駅13:00→陸中大野13:50
岩手県北バス 大野線、¥880、26.8km

久慈駅にて
岩手県北バス 陸中大野行

時間はすでに午後だが、本日はまだ2本目のバス。やってきたバスはお年寄りにはヘビーなステップの多いやつだった。1列4席で補助席なしの11列、最後尾にはトイレつき*1の高速バス仕様、車両点検等の何か事情があるものと推察するが、他の乗客の乗り降りを見ていると不憫に思った。

久慈駅からの乗客は4人。盛岡からの白樺号*2の到着直前に出発、まあ時刻表上でも同時刻なので乗り継ぎは無理だろう。出発後はしばらく市内を巡回し、道の駅であるやませ土風館前県立久慈病院に寄り道して集客、乗客は7人となる。久慈市域での降車は1人とあまりなく、他は洋野町内まで乗車していた。ただ、前述のとおり車両は高速バス仕様なので、降車ボタンを押すには席を立たなければならず、誰かが降車するたびに「よっこらしょ」的な掛け声が(ボタンを押すときと降りるときの)2度、やまびこのように聞こえてくる車内であった。

陸中大野バス停
陸中大野バス停

弥栄からは洋野町。町域に入ると牧草地の間を抜ける気持ちの良い道を進むようになる。大野高校前を過ぎると洋野町大野地区の栄えているあたり、要するに旧大野村の中心地区に入る。陸中大野まで乗り通したのは2人、客を降ろすとすぐにバスは去っていく。終点のバス停名の名付け方やバス停の間隔も長めだったことから、おそらく元はJRバスが運行していた路線なんだろうと想像する。バス停付近には病院とスーパー、そして大野ふるさと物産館があって、物産館内は10人程度のお年寄りがコミュニティバスの発車を待っていた。出札窓口みたいなものもあったから、もしかしたら元はJRバスの駅のような施設だったのかもしれない。しばらくはこの施設で休ませてもらった。

2020.10.28[Wed]
陸中大野…大野/徒歩、0.0km

xxxにて
大野バス停

次に乗るバス停の名前は大野陸中大野とは交差点を挟んで対称の位置にあるので、同一の場所にあるバス停と言えなくもないが、バス停に掲げられた時刻表にはそれぞれのバス会社*3のものだけの掲示だったので、「同じ場所にない、バス停名称が異なる乗り継ぎ」ということになろう。30メートルほどだったので、大した距離ではないけれど。


*1:よって、最後尾のみ2席。

*2:盛岡駅10:15→久慈駅13:00。ちなみに久慈駅に着いたバスに乗客はいなかった。

*3:実際、岩手県北バスと南部バスは同じ会社(岩手県北自動車)のブランド違いではある。

2020.10.25-31 interval

久慈駅前にて
久慈市民バス路線図

さて、次のバスまで4時間近くある。しばらくは駅前でたたずんで、二戸駅行のスワロー号*1が出発する様子などを眺めていたが、バスがいなくなってしまえば眺めるものがない。適当な市民バスに乗ってどこかを往復することも考えたが、久慈の街を彷徨うことにし、大きな荷物をコインロッカーに預けてから出発する。

歩道に露店が並んでいる
久慈・まぢの日(朝市)

まずは駅の近くにある道の駅へと向かう。途中、久慈まで乗ったバスの車内からも見かけていた朝市に寄る。おいしそうな干物などが並んではいたが、さすがに今買うわけにはいかない。道の駅でレンタサイクルでもあればと覗いてみるが、そんな便利なものはなさそうなので、街歩きを続ける。

東方に少しだけ海が見える
巽山公園からの眺め

続いて巽山公園に出て、海を眺める。「南から北へ」の道中で最後に海が見えたのは岡山県以来のはず*2。バス車内から見えるのは明日以降になりそうなので、しばらく公園からの眺めを堪能する。

6台のバスが休んでいる
岩手県北バス 久慈営業所

駅の東側にも回ってみる。岩手県北バスの久慈営業所があったので、道路からバスを撮影する。東方の道路の行き止まりには変わった形の建物が見えたので、そこまで進む。どうやら久慈市の文化会館らしく、管内の案内図に「3階 展示室」とあったので上がってみると、空き部屋があっただけだった。シュールだ。

巽山公園よりも海が間近になる
久慈市文化会館の展望台より海を見る

展望台があったので、やはり海を眺望する。そういえば来る途中の市役所にも展望台があり、駅前の雑居ビルにもそんな設備があった。久慈市の人は遠くを眺めるのが好きなのかな、なんて一瞬だけ失礼な想像をしたが、津波怖いもんなという結論に落ち着いた。

JR久慈駅
JR久慈駅

そろそろ疲れてきたので駅へと戻る。帰り道で「ユニバース」という名前だけは無茶苦茶かっこいいスーパーに寄ったりもする。

xxxにて
三陸鉄道久慈駅

久慈駅より北側はJR東日本八戸線、南側には三陸鉄道のリアス線がそれぞれ伸びている。なのに駅舎の位置となると、北側が三陸鉄道、南側がJRとなっていてどうも混乱する。昼食は三陸鉄道の駅そばを食べた。1日20食限定と書かれたうに弁当もあったが、さすがに手は出ず。ただ、平日でもけっこう捌けていたように見えた。

「駅前デパート」と書かれた建物に、ロケで使用したものと思われる看板がつけられている
久慈駅前の雑居ビル

「駅前デパート」とあるが、ドラマ撮影時のままにしてあるだけだろう。2020年だが、いまだにあまちゃん推しが強く残っている。右側にある看板が以前より一段下がっているのがちょっと気になった*3


久慈駅付近のGoogleマップ(航空写真)

なお、これを書いている時点のGoogleマップの航空写真は、アスファルトが泥で汚れているように見える。画像のコピーライトは2020となっているが、撮影時期は2016年の台風10号直撃後ではないだろうか*4


*1:なお、休日ならこのスワロー号を利用して二戸~軽米~八戸と抜けることが可能。ルート・時間は、久慈駅09:35→10:45二戸駅12:35→13:45軽米病院15:05→16:04三日町となる。

*2:南から北へ68」で乗った備前市のバス。

*3:ドラマを見ていたわけではないので詳細は不明だが、貼ってあったポスターや写真などでは看板の一番上が4階の窓にかかっていた。

*4:日本自然災害学会が発行する自然災害科学36-4「2016年8月の台風10号による岩手県北部水害調査報告[pdf]」に似た写真がある。また、デーリー東北新聞社の動画「【台風10号】久慈市中心部の被害の様子(ドローン撮影)(2016/08/31)」も参考になる。