富山県内のバスに乗る44 2021年8-9月のまとめ

乗車距離・費用について

日付 バス乗車距離 徒歩移動距離 地鉄通常運賃 地鉄以外の運賃 実質運賃
2021.8.8 101.1km 2.4km ¥3,150 ¥1,380 ¥4,160
2021.8.9 98.8km 2.8km ¥8,150 ¥1,400 ¥9,350
2021.8.10 73.7km 1.2km ¥4,210 ¥770 ¥4,560
2021.8.11 54.6km 1.0km ¥2,100 ¥700 ¥2,560
2021.8.12 137.6km 0.3km ¥5,540 ¥5,070 ¥10,410
2021.8.13 43.2km 2.2km ¥2,460 ¥2,140 ¥4,230
2021.8.14 75.8km - ¥3,460 - ¥3,120
2021.9.25 71.6km 0.6km ¥1,500 ¥1,450 ¥2,990
合計 656.4km 10.5km ¥30,570 ¥12,910 ¥41,380
2018年1月 516.4km 17.9km ¥24,590 ¥3,520 ¥22,110
2019年1月 294.6km 4.4km ¥14,900 ¥1,140 ¥13,350
  • 距離はすべてgoogle mapによる。なお、一部区間立山駅付近~桂台)でGoogle マイマップのルート作成ができなかったため、当該区間は概算値で算入している。
  • 今回の地鉄バスの乗車距離は549.6km、地鉄バス以外の乗車距離は106.8kmだった。
  • 地鉄通常運賃には鉄道・市電利用分を含むが、とやま1日乗り放題きっぷ利用分は含めていない。フィーダーバスやまいどはやバスは地鉄以外の運賃で集計している。実質運賃は実際に負担した金額(えこまいか利用時や乗継割引などが効いた状態)の合算となっている。

こうしてまとめてみると、けっこうな額を使っている。これまでと違い、今回は地鉄利用時に効果的なフリーきっぷがなかったのと、あったとしても利用不可となる路線*1に乗車しているので、こればかりはやむを得ない。目的のためには出費を厭わない、趣味というのはそういうものだ、なんて自分に言い聞かせて納得させている。

富山地鉄バス乗車累積

富山県内の長距離路線に乗ったせいか、地図はだいぶ変化した。残った県内の長距離路線で全区間未乗車なのは、本年は運行されなかった富山駅から室堂へ直行するバスくらいだろう。いや、富山市内周遊ぐるっとバスなんてのも乗ったことがないな。通学用の路線への乗車はちょっと抵抗があるものの、それ以外の路線には今後も時間を見つけて乗車していきたい。

なお、上記以外に未乗車を把握している区間は、富山市エリアだと、平日朝上り1本のみの草島発のバス、新港東口を発着するバスの国立高専射水経由の便、深夜に1本だけあるファボーレから五福経由で富山駅前へ向かうバスといったところ。魚津・黒部エリアでは、南北循環線、1日1往復あるYKKAP黒部荻生製造所経由の便、そして東蔵線の平日下り1本のみの北鬼江経由のバスと、全日運転ながら朝一の上り1本のみの奥東城を経由*2する便。草島発のバスと東蔵線の経由地違いへの乗車は難易度が高そうだ。

お世話になったサイトなど

路線図

路線図関係では、ほぼ地鉄の路線図のみを参照した。また、バスルートが復活し、GTFSに対応したバス停・ルートを表示するようになったのは嬉しい変更だった。富山県内の路線はほとんどが対応しているので、今後県内のコミュニティバスを乗り継ぐ際に活用していこうと思っている。

利用交通機関

これまではフリーきっぷを持っている関係で、可能な限り地鉄を利用する傾向が強かったが、今回はそんな縛りがなかったので、いろいろ利用したように思う。ただ、費用がかさんだのはそれのせい、ということもあるけど。

利用施設

けっこう寄り道したつもりだったけど、8月の1週間ではわずか3か所だけだった。コロナ禍だからと考えればベターな対応かもしれないが、少々物足りない。いつも思っては実現できない願いではあるけれど、もう少し寄り道は増やしていきたいところだ。

日別のまとめ



*1:有峰線や室堂線など。

*2:このバスのみ事前予約に関係なく経由する。地鉄バス時刻表の奥東城では全便がデマンドのようにマークされているが、魚津市が掲示する時刻表[pdf]にはその旨赤字で注記してあるので、後者の記述が正しいと思われる。

2021.09.25 9/25の移動まとめ

root

《費用》地鉄バス:¥1,500(1,450)、その他:1,450(1,420)
《移動距離》バス:71.6km、徒歩:0.6km

地鉄バス乗車累積

link


2021.09.25 富山県内のバスに乗る43

地鉄のバス停は離れたところにある
ひみ番屋街とぶりかにバスのバス停

ひみ番屋街に到着したのはちょうどお昼。まずは食事ということで、さほど混んでいなかった回転寿司に入る。コロナ禍のせいか寿司レーンは動いておらず、基本はタブレット注文となる。寿司ネタが大きめなのが売りなのかもしれないけど、シマアジとか厚切りすぎて食べにくいものもあった。まあ、観光客向けだからこういう方が喜ばれるのだろう。

帰りのバスの出発は16時前、なので3時間半は時間を潰す必要がある。ということで、番屋街ならびの氷見温泉総湯へ。観光客はあまり立ち寄らないようで、風呂は空いていた。露天風呂で1時間ほど出たり入ったりを繰り返す。ここは温泉以外にぬるめの炭酸泉があって、これが長湯してものぼせないのでけっこう好きだ。入浴後にテレビを見ながらビールを飲んでだらけていると、あっという間に帰りの時間。十津川村営バスの迫西川線に乗る番組*1の続きが気になるが、総湯を後にした。

2021.09.25[Sat]
ひみ番屋街15:45→富山駅前17:10
富山地方鉄道 ぶりかにバス、¥1,020、40.3km

ひみ番屋街にて
富山地方鉄道 ぶりかにバス 富山駅前行(中央奥)

ぶりかにバスのバス停は、加越能バスの停まるバス停から若干離れた場所にある。バス停のデザインも、通常の地鉄バスのバス停とは若干異なっているのが面白い*2。ちなみにこれから乗るバスは、上記写真の中央奥に映っているワンボックス車だ。

ひみ番屋街にて
バス停にやってきたぶりかにバス

加越能バスのひみ番屋街線が出発した後に、ぶりかにバスがやってきたので乗り込む。座席は革のシートのようだが、シート以外の車内設備は黒部地区の生地循環線*3と同様に放送あり・降車ボタンなしのパターンだ。ということで、乗車後に運転士から行き先を聞かれることになる。このやりとりがどうもバスっぽくなくて、ジャンボタクシーに一人で乗ったような気分になるのだけれど、ワンマンになる前のバスは車掌が聞いて回っていたわけで、そう考えると先祖返りしただけなのかもしれない。

黒革仕様の座席
ぶりかにバスの座席

ぶりかにバスは以前1度利用したことがあり、そのときの車両は観光バスタイプだった。確か朝の9時くらいに富山駅前を出るバスが運行されていたときで、終点のひみ番屋街まで利用したが利用者は自分だけだったと記憶している。2021年10月のダイヤ改正で運行本数が1~2本増えるとのことだが、小さい車体でもいいからもう少し本数が増えないと利用しにくいよなあという感想は変わらない。ただ、今後は全便が富山駅前発着となるのは良いと思う。運用上の都合だとは思うけど、ひみ番屋街新湊きっときと市場間の区間便とか、利用者側から見たらちょっと意味不明だったので。

利用者は自分だけでひみ番屋街を出発する。すぐに氷見漁港前を通過し、しばらくは海沿いを走る。天気が良くて風があったためか、海岸にはサーフィンを楽しむ人たちが多く出ていた。島尾付近まで海岸を走ったのちにいったん内陸にルートを取るが、雨晴付近ではまた海沿いとなる。そこそこ知られた景勝地ということもあって、道の駅には県外ナンバーの車も多くみられた。伏木でも海沿いを走る。基本的には加越能バスの伏木循環の東ルートをトレースして進み、その後は伏木万葉大橋を経由して新湊へ入っていく。

新湊きっときと市場にて
新湊きっときと市場のぶりかにバス

射水市に入ると、バス停があるためか海沿いルートはお預けとなり、街中にあるクロスベイ新湊川の駅新湊を経由する。その後はふたたび海沿いに出て新湊きっときと市場、5分ほど停車しますと肉声でアナウンスがあり、降りようとしたところに「5人ですけど大丈夫ですか?」と車外から声がかかった。意外にもここから乗客があるようだ。

「これがバス?」なんて声も聞こえる中、家族と思われる5人*4が乗車し、一転して車内は騒々しくなる。「5人ですけど大丈夫ですか?」という聞き方から、来るときはぶりかにバスに乗車していないと想像がついたが、どうやってきっときと市場にたどり着いたのは不明、万葉線の東新湊から歩いたのだろうか。家族がバスで移動する、なんてのも県内在住だったらほぼ見かけないので、都会からきた旅行者だろう。ともかく、乗客があるのは良いこと、とポジティブに受け取り、車内でマスクをせずに缶ビールを飲み続けたことも気にしないことにした。

海王丸パークを通過すると、あとは富山駅のみ。新湊大橋を越えて、本郷から国道8号を経由するルートで進む。新湊地区から富山駅まではぶりかにバスだと510円で行けるのに、11系統の路線バスだと1,000円前後かかってしまうのはちょっと矛盾しているよなあ、なんて思うが、観光客相手とは言え富山~新湊で1,000円だったら利用する人はいないだろう。

バスは田尻の「八町米」交差点を右折して市街地へと入る。神通川は富山北大橋で越えるが、おそらく利用者がないときは駅前まで行かずにこのまま車庫に直行するんだろうなあ、なんて想像が膨らむ。長距離にもかかわらず、バスはほぼ定刻で富山駅に到着。以前と比べて日の入りが早くなったことを実感しながら帰宅となった。

富山駅前にて
富山駅前到着直後のぶりかにバス


*1:たぶんテレ東の「ナゼそこ?“酷道”走る路線バス終点の先で…秘境人探し旅SP」だったと思う。

*2:丸の部分に縁取りがないとか。比較対象として栗山バス停を挙げておく。

*3:2021.08.08-14 富山県内のバスに乗る28」参照。

*4:父、母、兄とその嫁、妹といった組み合わせに見えた。