2019.04.26-05.03 四国逆回り8

2019.04.27[Sat]
箕浦…港通り/徒歩、6.4km

風は幾分弱まった気がするが、海が近いこともあってか止んではいない。箕浦から川之江までは「四国逆回り」における唯一のまとまった徒歩区間、の予定だ。箕浦までのバスが来た道を少し戻って国道11号へと出る。あとは国道沿いに進むだけなので迷う心配はない。6kmちょっとなので、1時間半もあれば着くだろうなんて考えつつ、歩を進める。

旧鳥越バス停
旧鳥越バス停

道の駅とよはまの先、県境を越えてすぐのところに、せとうちバスの鳥越バス停が残されていた。wikipedia:瀬戸内運輸によると、鳥越行のあった余木崎線は2010年4月に廃止されたようだが、なぜか廃止後9年経った今でも残置されていた。せっかくなので写真に撮っておく。以前乗時から寄島まで井笠鉄道バスの廃止区間を歩いたとき見かけた廃止バス停のように、廃止直前の時刻表がないかと見回したが、さすがにそれはなくなっていた。その後も二名公民館バス停が残っていたり、バス停はないが待合所らしき施設が残っていたりと、これら「路線バスの遺構」が単調な一本道の良いアクセントとなり、そこそこ楽しめた移動となった。

旧二名公民館バス停
旧二名公民館バス停

国道11号から川之江方面を眺めると、川之江城が見えた
国道11号と川之江

国道の先にお城が見えてくると、川之江の市街地も近い。徒歩でこの区間を進む場合、最も歩く距離が短いバス停は川之江駅となるが、その先へ進む最終バスが16時出発と間に合わないため、17時台のバスが存在する港通りバス停まで進む。港通り到着は16時50分、思ったより早く着くことができ、予定したバスへの乗り継ぎには間に合ったようだ。水分補給をしながら、本日最後のバスを待った。