2020.10.25-31 南から北へ210

岩手県立中部病院
岩手県立中部病院

今日はずっと天気が良い。暖かすぎて上着が邪魔なくらいだ。

2020.10.27[Tue]
県立中部病院13:10→大迫バスターミナル14:24
岩手県交通 大迫花巻線、¥700、36.4km

県立中部病院にて
岩手県交通 大迫バスターミナル行

県立中部病院からの乗客は2人。北上からのバスで通ったルートを戻って国道4号に復帰するが、国道上にあるバス停は通過していく。車内放送も「次は富士大学」だったし、次のバス停までの運賃も290円となっているので、バス停通過はまっとうな運用の模様。そういえば、花巻市のバスが乗り入れを廃止した旨の掲示県立中部病院にあったので*1、代わりに花巻から富士大学へ行く岩手県交通のバスが延伸し、花巻市も上限運賃適用などの対応を行った*2、なんて流れなのかなと妄想する。


富士大学前バス停

結局国道4号沿いのバス停には停まらないまま、富士大学へと国道4号からそれて進む。前回乗車した石鳥谷線とバス停が重複するのは、県立中部病院*3とずっと先の総合花巻病院イトーヨーカドー間となる。

車内を見回すと、不思議なことに紫波町関係の広告がある。また、運転席付近をよく見ると、マニュアルトランスミッションが昔ながらのロッドの長いタイプだった*4。これから向かう大迫バスターミナルは近年廃止され、また廃止直前まで大迫から紫波へのバスがあったことから*5、もしかしたら大迫に所属していた車体なのかな、なんて、これまた想像に耽ってしまう。

途中の乗降が一切ないまま花巻駅をも通過し、ようやく乗車があったのはイトーヨーカドーだった。バス停名がえらくストレートだな、なんて思っていると、次のバス停はイギリス海岸、付近にはインディ500なんてパチンコ店もあるしまったくもってよく分からない*6。ヨーカドー以降は乗客もなく*7、人気のない新花巻駅も通過して、バスは東北新幹線沿いに北上するようになる。八重畑の先、新幹線をくぐったあたりで花巻方面行のバスとすれ違うが、確かこれは花巻方面の最終バスのはずだ*8


イギリス海岸バス停(花巻駅前方面行)の待合室

新幹線から離れると、軽い山越えののち、石鳥谷方面への道と合流する。羽黒堂で降りる予定の老夫婦がボタンを押せなくて困っていたので、こちらで押下した。中ドアより前の座席だと、目線にある降車ボタンは高い位置にあるので、座ったままだと押しにくいのよね*9、と一人で納得する。これで乗客は自分のみ、大迫地域診療センターに寄り道するも乗客などなく、すぐに終点の大迫バスターミナルに到着した。

大迫バスターミナルにて
大迫バスターミナル「跡」

現役時代の大迫バスターミナルの写真があるwikipediaと見比べると、見事なくらいに何もなくなっている*10。ただ、何もないわけではなく、小さいながらも待合室が新設され、付属してトイレも用意されていて、さらにほかのスペースはきれいに舗装しなおされて駐車場になっていた。周囲は紅葉の真っただ中でもあり、川沿いの景色が気に入ったので、待ち時間はバス停周辺を散歩したりして過ごした*11

大迫にて
岳川にかかる橋から見た早池峰山

なお、待合室には大迫石鳥谷線の窮状を伝える掲示があった。当該路線は10月1日の改正でほぼ半減されたため、それまでのダイヤなら可能だった石鳥谷経由で大迫へ入る選択肢がなくなり*12、花巻からのルートを選んだということもあって興味深く読んだ。また、以下の写真にはないが、バス通学時の定期券代補助の比較対象として「大迫高校に通学する通学タクシー利用者は月20,000円の通学費」なんて記述があり*13、「通学タクシーなんて制度があるのか」と興味を惹かれた。

路線バス「大迫石鳥谷線」 10月1日から減便して運行します
待合室内の掲示


*1:県立中部病院は北上市域にある。

*2:前回の記事でも触れたが、この路線の運賃は700円で打ち止めとなっている。このため、始発の県立中部病院でも途中の花巻駅でも、大迫バスターミナルまでの運賃は700円となっている。

*3:岩手県交通の時刻表の表記では、石鳥谷線は「県立中部病院前」となっていたため、当該記事でもそのように表記した。なお、実際のバス停に書かれていた名称は、大迫花巻線と同一の「県立中部病院」だった。

*4:さらには、前ドア付近には「のりつぎ券」と書かれた、整理券発行機みたいな機械もあった。

*5:wikipedia:大迫バスターミナルによると、大迫紫波線は「2018年9月30日の運行をもって全線廃止」とある。

*6:イギリス海岸について後日調べたら宮沢賢治が名付けた北上川の露頭らしい。

*7:降車は上似内であった。

*8:大迫BT13:40→花巻駅前14:25。大迫バスターミナル行はこの後まだ2本あるが、逆方向は13時台のバスが最後。折り返しは回送なのか石鳥谷行となるのか、ちょっと気になる。

*9:優先席には肘掛け付近にもついているが、視界に入らず得てして見つからないことが多い。

*10:念のため、ターミナル現役当時の写真へもリンクしておく。

*11:予定では花巻市総合文化財センターでも行こうかと考えていた。

*12:北上駅前11:30→12:40石鳥谷駅口13:40→14:00大迫BT、というルート。13時台のバスがなくなったため、乗車は叶わなかった。

*13:ようするに、定額タクシー代よりもバスの方が金額負担が少ないですよ、みたいな説明だった。