2019.04.26-05.03 四国逆回り3

2019.04.27[Sat]
浦城(発)~与島PA08:29→坂出駅前08:48~回生病院(行)
琴参バス 瀬戸大橋線、¥520、11.8km

与島PAにて
琴参バス 回生病院行

高速道路からパーキングエリアへ降りてくる道の側道から琴参バスはやってきた。さっそく乗り込もうとすると降車客があるらしい、1ドア車なのでしばし外で待つ。バスの側面にはイラストつきで「みんなで乗って残そう」と描かれていたが、イラスト下部に「琴平参宮電鉄労働組合」と、琴参バスの路線承継前の会社名称が書かれていた。会社が変わってからずいぶん経つのに修正する余裕すらないのだろうか、とちょっと切なくなる。

乗ったバスの側面には、イラストつきで「みんなで乗って残そう」と書かれていた
回生病院行の側面

与島PA*1からは2人の乗客となり、終点まで変化なし。坂出北ICで降りると、1度右折しただけで坂出駅前に到着する。直前に乗った下電バスよりもくたびれた印象のある車体だが、これでも下電バスよりは若いそうだ。車両に詳しくないせいか、違いがよく分からないが。

さて、坂出駅前に到着した。天気は良いが相変わらず風が冷たい。ここが四国一周の起終点となるわけで、ここから本格的に逆回りが始まる。せっかくなので駅舎を撮っておく。

9時前の坂出駅
坂出駅南口

朝食は倉敷のコンビニで軽く済ませてあるが、この後しばらく食事をするチャンスがなさそうなので、待ち時間を使って駅に併設されたパン屋「ウィリーウィンキー」*2で軽く食事をしておく。競艇の展開予想をするおっちゃんの隣で、高校生と思われる女性2人組が、始まったばかりの長期連休のせいで浮かれて甲高い声で笑う光景などを眺めつつ、モーニングセットをいただいた。


*1:琴参バスのサイト内ではこう書かれていたので、この表記とした。

*2:JR四国の関連会社で、大きな駅にはたいていあるパン屋のイメージ。学生時代に初めて四国を巡ったとき、主として鉄道で移動していたため、このwikipedia:ウィリーウィンキー喜多方ラーメン麺小町にはずいぶんお世話になった記憶がある。