2018.10.18-21 departure

名古屋駅まで1kmほどなので、散歩がてら歩いて向かう。駅までの道は人通りがまばらだったのに、駅へ着くと朝7時過ぎでも人が多い。

2018.10.21[Sun]
名鉄バスセンター08:00→高岡駅前11:50~ひみ番屋街(行)
加越能バス 名古屋線、¥3,500、228km

名鉄バスセンターにて
加越能バス ひみ番屋街行

帰りは加越能バスで。そういえばこのバスのチケットを購入するとき、窓口の方に「窓側がいいですか?」と聞かれた覚えがあるが、そもそも3列シートで中央の列を希望する人はいるのだろうか。とりあえず名鉄バスセンターでは中央列は無人のまま、窓側がほとんど埋まった状態での出発となった。

バスはいったん駅前に出た後、名駅入口から名古屋高速へ上がり、一宮インターから一宮ジャンクションを経由して東海北陸道へと入る。途中の乗車可能バス停である高速各務原・高速美濃ではどちらも乗客があり、7割弱ほどの乗車率*1となる。朝一の便だからこんな感じで済んでいるようで、出発前にチェックした感じでは昼以降の便はすべて満席だった。

休憩はひるがの高原で。まだ午前中なのにもかかわらず、サービスエリアは混雑している。そのうちバスを停める場所がなくなるんじゃないかと思うくらい、自家用車による駐車が大型車エリアまで侵食している。休憩するのにも労力を使いそうだ。

城端サービスエリア以降は降車客のための停車。砺波インターから砺波駅南へのアプローチは、地鉄バスの大阪線と違って国道156号に出ないのがポイント*2イオンモール口を経由して、定刻より5分ほど早く高岡駅前へ到着した。駅前の整備は完了したようだが、いまだに高岡駅前の降車場はバスの車庫近くにある。もうちょっと駅寄りにならないかなあと、利用するたびいつも思う。


*1:窓側が埋まっていたので、そんなものだろう。

*2:直近の例だと「2018.06.23-25 departure」では、地鉄バスが国道156号にいったん出ていることが確認できる。