2018.04.29-05.03 南から北へ51

2018.05.01[Tue]
廿日市市役所前駅12:26→四季が丘13:00
広島電鉄バス[12]、¥210、7.7km

廿日市市役所前駅にて
広電バス 四季が丘行

これまでコミュニティバスばかりを乗り継いできたせいか、発車5分前にバスのりばに横づけされたバスは、ずいぶんと図体の大きい車体に見えた。乗ってすぐに運転士からPASPYを購入し、さっそくリーダーに当ててから席に着く。椅子が妙に心地よい。よく見ると背もたれが高く、これまでのバスとは比べ物にならないくらいの座り心地だ。さすがに大きなバス会社は違う。こんな具合のいいバスならいつまでも乗っていたいくらいだ。

広電バスの後部座席。背もたれが高く、自家用車の座席のよう。
広電バスの座席

また、車内アナウンスで知ったのだが、このバス、車内のPASPYチャージでは1万円に対応しているとのこと。さすがに両替は無理だろうが、ICカードへのチャージだけであっても高額紙幣に対応しているというのは珍しいように思う(最近はそんなものなのかもしれないが)。つい数時間前まで磁気カードを使ったバスに乗っていたのが嘘のようだ。感動しきりで、実際に試してみるのをすっかり忘れていたのが心残りではある。他にも降車ボタンが窓側に一切ない点もこだわりが感じられた*1

バスは時間通りに発車し、ゆめタウン廿日市経由で宮内分れまでは元来た道を戻る格好になる。宮内分かれ交差点*2を右折した後は狭い道を進んで宮内串戸駅へ。JRからの乗り継ぎ客で乗客を増やし、丘の上にある新興住宅街へと駆け登っていく。途中、宮内河田以降は次に乗る広島バスセンター行のルートと重なるので、どこで降りて乗り継いでもよいのだが、せっかくなので終点まで行こうと考え、乗り続ける。

宮内串戸駅で10人程度になった乗客もバス停を経由するごとに減っていき、終点の四季が丘で降りたのは自分だけだった。四季が丘、着いたのはいいが何もない。……何もないは言いすぎだが、あるのは酒屋とフォトスタジオ*3とバス停くらいなものだ。朝食は多めに摂ったので空腹ではないものの、待ち時間の20分ですら持て余しそうな場所だ。もうちょっとなんかある場所かと勝手に想像していたが、こういう想像はけっこう外れることが多い。

バス停の奥に見える待機場で、先ほど乗ってきたバスが休んでいる。
四季が丘バス停

四季が丘バス停から少し下った先にバスの待機場があるようで、ここまで乗ってきたバスが休んでいる。四季が丘と宮内串戸駅間は20分おきにバスが走っているようなので、それの折り返し待機だろうと思っていると、次の宮内串戸駅行はなぜか回送されてきたバスが出発していった。ちょっと嫌な予感がする。


*1:椅子一つ一つの前についており、またほとんどのポールにもついていた。勝手な想像だが、立っている人が目につきやすい窓側のボタンを押すために体勢を崩す、なんてことを防ぐためのような気がする。

*2:バス停名は「宮内分れ」、交差点名称は「宮内分かれ」のようだ。

*3:ここの主人と縁があるのだろう、津田の写真が飾られていた。