2018.10.18-21 南から北へ120

2018.10.20[Sat]
名古屋港(発)~労災病院前15:10→地下鉄鳴子北15:39
名古屋市交通局 [名港16]、¥210、7.4km

労災病院前にて
名古屋市交通局 地下鉄鳴子北行

「行けるところまで行く作戦」が奏功し、予定よりも1本早いバスに乗ることができた。以降も1時間に1本程度は運行されている路線だと思うので、このまま1時間早く目的地に着けそうだ。

バスは千年交差点を右折して、河合小橋から東進する道へと戻る。河合小橋からの接続が悪い紀左ヱ門橋西を通過して、以降は終点の鳴子北まではずっと道なりだ。乗客は10人前後、桜本町一丁目や野並でまとまった降車が発生したが、おそらく地下鉄が並走する区間故の乗り換えだろう*1。 バスの運転士は若い方、そのせいか丁寧なアナウンス、ベビーカーやおばあちゃんの押すカートの乗降時にはすぐに手伝いに向かうフットワークの軽さ。もし彼と同世代の女性たっだら惚れてしまうくらいの格好良さだった。

野並で半数の客が降りたため、以降は空いた車内で鳴子北へ。バスの営業所(野並営業所)に併設されたバス停で下車する。今日はあともう1本だけ乗っておしまいの予定だ。


*1:桜本町から鳴子北にかけて、地下鉄桜通線が並走している。