2018.04.29-05.03 南から北へ48

2018.05.01[Tue]
玖波駅10:25→公民館前10:55
廿日市市 おおのハートバス西ルート、¥150、10.5km

玖波駅にて
おおのハートバス 公民館前行

続いて乗るのは廿日市市のおおのハートバスの西ルート。廿日市市のバスが玖波駅のある大竹市まで乗り入れてくれているおかげで、乗り継ぎができるようになっている、良い心がけだ。当初は2人の乗客だったが、さっそく次のバス停の鳴川で1人が下車、すぐに一人ぼっちのバスとなる。廿日市市のバスはあまりお客いないのかな、と考えだすも、べにまんさくの湯、西公民館と立て続けに乗客があり、そこそこの利用はあるようだ。

西公民館を出たあたりから、どうも国道2号の流れが思わしくなくなってくる。バス内の掲示を見ると、宮島近辺で渋滞が発生するので、ゴールデンウィーク期間の休祝日は宮島口行の便は運行しないとまで書いてある*1。今日は平日で宮島口行も運転される日ではあるが、そんな日でもこんな場所から渋滞されると、付近に住んでいる人はさぞ迷惑だろう。

幸い、バスは串山の交差点を右折し、以降は国道2号から外れたので、大きな遅れもなく公民館前へ到着した。終点で下車したのは自分を入れて3人、いずれも乗継券*2を所望したが、乗継券の発行にはいろいろと手書きが必要なようで、発行している運転士は大変そうに見えた。もしせっかちな自分がやったなら、乗継券5枚+早くしてよの一声で発狂しそうな感じである。

ハートバスに連れてこられた場所は、公民館や図書館が集まっているエリアの一角。近くに川が流れ、ちょっとした山もある自然豊かな場所だ。降りた3人とここから乗る親子など数名が次のバスを待っている。当方は今のうちにと公民館のトイレを借りて用を済ませておく*3


*1:もしかしたら、前回乗ったこいこいバスは、そういう理由で国道2号を走行しないルートになっているのかもしれない。

*2:持っていると、次に乗るおおのハートバスが100円引きとなるチケット。

*3:どうでもいい話だが、同じ公共機関でも、駅より役所やお店の方がトイレは空いていて清潔なことが多い。利用者が多くないので、ゆっくり利用できるのも利点だ。ということで、バスで出かけた際のトイレ利用は、よほど緊急時でない限り、自治体の施設やショッピングセンターなどを利用することが多い。