2018.04.29-05.03 南から北へ61

駅に併設されたベーカリー*1で昼食。雨はいよいよ強くなり、持参した折り畳み傘では心細い雰囲気なので、コンビニで傘を購入する。天気のせいなのか元々そうなのかは分からないが、思っていたより駅に賑わいがない気がする。

2018.05.02[Wed]
笠岡駅前13:15→乗時13:38
井笠バス、¥400、8.8km

笠岡駅前にて
井笠バス 乗時行

乗り場でバスを待っていると、マイクロバスタイプのバスがやってきた。乗り込んだのは3人だが、最後に乗ってきた人はバス会社の人のようだ。バスは定刻に発車、わりと丁寧な運転士だと思っていると、後から乗ってきたバス会社の人が評価をつけていた。そりゃ丁寧な運転になるはずだ。

笠岡温泉前あたりで狭い道へと入っていくが、前回のバスで自分の中の閾値が上がってしまったため、またマイクロバスということもあって「ちょっと狭いかな」程度の気分にしかならず。笠岡駅前以外では乗客もないまま、あっという間に乗時へ到着。バスはすぐに去り、笠岡の方へと引き換えしていった*2

ここから寄島までは歩きとなる。乗時から寄島までは3~4km、市営バス浅口ふれあい号のある火・金曜なら歩く距離は乗時~鏡西で1km弱となるが、バスがつながるのは朝一の乗時09:08着~鏡西09:56発だけだ。また、井笠バスの笠岡~今井循環線の今井入口から里庄駅まで歩き、そこから浅口市寄島~里庄線で寄島へ抜ける方法もあり、これだと徒歩は1.4kmとなるがアップダウンは少なくなる。もちろん、こちらのルートも乗り継げる選択肢が乏しく、平日のみ笠岡駅前15:15発のバスに乗って今井入口で下車、その後1.4kmを歩き、里庄駅16:43発のバスで寄島総合支所前(16:54着)へ向かうしかなく*3、寄島から新倉敷へ抜けるバスの最終が寄島16:55発と(おそらく接続後に出発するんだろうとは思うが)非常に怖い思いをしそうな乗り継ぎしかない。ということで、今回は乗時から寄島を目指すルートで進むことにした。


他の方による、同じ路線の乗車記録(2012.10.26)。

さらば井笠バス 笠岡駅発乗時行 2012/10/26 笠岡市


*1:山崎製パンのチェーン店とは知らなかった。

*2:時刻表を見ると乗時到着が13:38で出発も13:38とっている。あまり距離がない区間、もしくはあまり利用のない便ということで、折り返し時の時間調整を省いているようだ。

*3:これは、寄島~里庄線が朝夕のみで日中の運行がないことが大きい。