2017.08.12 中津川→富山6

神岡営業所に到着すると、乗ってきたバスは洗車場へ突っ込んでいった。今日はこれで終わりなんだろう。地鉄のバスはすでに車庫にはいるが、まだバス停まではやってこない。その前に高山行のバスがバス停前に入り、浴衣姿のお客を乗せて先に発車していった。どこかで祭りでもあるのだろうか。

2017.08.12[Sat]
濃飛バス神岡営業所17:00→富山駅前18:22
富山地方鉄道 神岡・平湯温泉

濃飛バス神岡営業所にて

富山~新穂高・平湯間は濃飛バス富山地鉄が共同運行しているが、それぞれで呼び名が統一されていないのでわかりにくい。どちらも特急バス*1で変わりはないが、濃飛バスの場合は「奥飛騨温泉郷~富山線」*2、「富山線」*3、「奥飛騨 富山線」*4と3種、富山地鉄は「神岡・新穂高平湯温泉線」*5、「神岡・平湯温泉線」*6の2種、合計5種が確認できた。共同運行を行う場合、それぞれのバス会社からみた目的地が異なることから、「〇〇号」といった共通の呼び名をつけることが多いが、両社ともそういったことをしないため、呼び名が多岐にわたるのだろう。利用者からみるとわかりにくいので、なんとかしてほしいところである。

バスは定刻に発車した。以前検討した高山から来るバス*7はそれまでに到着しなかったので、運がよくないと乗り継げないものと思われる。乗客は10名程度。バスは普通に国道41号を進み富山県へ、同時に富山市内へと入ることになる。富山空港へも普通に空港口の交差点から往復するのかと思ったが、下熊野南の交差点を左折し新保の方から富山空港へ向かった。こういうのは乗ってみないとわからない。

富山空港前で1名降りただけで乗客に変化はなく、富山市内で道が混んだせいか富山駅前に15分ほど遅れて到着した。いつの間にか雲が厚くなっていて、暗くなりつつある。約10時間の乗り継ぎとなったが、富山~名古屋間の高速バスは3時間40分ほどで着いてしまう。ちなみに富山発の名古屋行最終は19:20発、このルートを使っても名古屋からは日帰りが可能なのは素敵だが、さすがにやりたくはない。


*1:高速道路に乗らない、バス停を通過するタイプのバスを両社とも特急バスと呼んでいる。濃飛バスの場合、高山~松本も特急バスとして扱われている。

*2:高速バス・特急バスのページより。

*3:路線バスのページより。

*4:路線パスの時刻表[pdf]より。

*5:高速バス・特急バスのトップページ

*6:バス個別のページ

*7:高山濃飛バスセンター15:40→濃飛バス神岡営業所17:00