2017.06.22-25 approach4

根占港には定刻通り到着。フェリーの波止場から少し離れたところにある、急ごしらえな船着き場に接岸する。

乗り継ぐバスの時間はまだ先なので、近くのねじめ温泉ネッピー館で汗を流すことに。建物内にある湯船よりも露天風呂のお湯のほうが効きそうな感じ*1だったが、あいにくの雨天であまり浸かっていられなかったのが心残り。あと方言が強いせいか、会話が聞き取れない。意外なことで日本の端を感じる。

2017.06.22[Thu]
鹿屋(発)~ネッピー館17:07→ホテル佐多岬18:00~外ノ浦(行)
三州自動車、¥890、31.8km

ネッピー館前バス停と外之浦行バス
ネッピー館前バス停と大泊行

天候は相変わらず悪く、雲が厚いせいか昼の長いこの時期なのに、だんだんと暗くなりつつある。バスには高校生らしい乗客が2名いたが、いずれもすぐ先の根占で降車した。よってすぐにまた乗客は私1名。

途中、佐多のバス停で運転士より「スクールバスに乗り継ぎませんか?」との提案あり。横を見ると、駐車場に2台のマイクロバスが止まっている。以前最南端バス停を調べた際に出てきた佐多地区コミュニティバスだろう。おそらくホテル佐多岬は経由しないだろうと考えお断りしたが、もう少し余裕のあるスケジュールで天気も良かったなら、このバスに乗り換えて最南端バス停のさらに南にある田尻を目指す、なんてしたかったのだが。

佐多を出てしばらくすると、先ほどのマイクロバスが続行するような形となる。あちらは島泊の集落には寄らず*2大泊方面へそのまま進んでいった。乗車している路線バスの方は島泊への細い道を入り、丹念に停留所をこなしていく。

夏至近くにもかかわらず、6時前なのに日没後のような暗さの中をバスは進む。尾波瀬を越えたあたりで先ほどの「実質回送マイクロバス」*3とすれ違う。かつての佐多岬ロードパーク第1料金所近くにある大泊バス停を通過すると、ホテル佐多岬はもうすぐだ。


*1:なんか黒々していた。鉄分が多いのだろうか。

*2:というか、乗客なしで回送しているような状態だった。

*3:戻りは本当に回送バスなのかもしれない。