2017.10.26-29 10/28の移動まとめ

root

日田バスセンター08:50→杷木09:19/日田バス、¥620
杷木10:03→裁判所前10:38/西鉄バス[41]、¥650
裁判所前…甘木営業所/徒歩0.2km
甘木営業所11:07→筑陽学園前11:53/西鉄バス[400]、¥690
筑陽学園前…いきいき情報センター/徒歩1.5km
いきいき情報センター13:25→宮前13:34/太宰府市コミュニティバス まほろば号、¥100
宮前…太宰府/徒歩0.8km
太宰府14:33→宇美町役場入口14:55/西鉄バス[4-1]、¥390
宇美町役場入口…上宇美/徒歩0.3km
上宇美15:08→千代町15:50/西鉄バス[34]、¥440
千代町16:38→直方駅18:16/JRバス九州、¥1,250
直方駅…プラザホテル直方/徒歩1.3km

link

http://sonzinc.hatenablog.jp/entry/2017/11/18/000000

http://sonzinc.hatenablog.jp/entry/2017/11/19/000000

http://sonzinc.hatenablog.jp/entry/2017/11/20/000000

http://sonzinc.hatenablog.jp/entry/2017/11/21/000000

http://sonzinc.hatenablog.jp/entry/2017/11/22/000000

http://sonzinc.hatenablog.jp/entry/2017/11/23/000000

http://sonzinc.hatenablog.jp/entry/2017/11/24/000000


2017.10.26-29 南から北へ28

千代町のJRバス停 会社名が削られて「J、BUS」となっている
千代町「J、BUS」バス停

宇美からここまで、くねくね走ってきたせいか、どちら側のバス停で待つべきか分からず、逆側のバス停で5分ほど待ってしまう。ここの乗り継ぎには時間に余裕があるので、少々のロスは気にならないが、ビル街のバス停で40分以上の待ち時間というのも、結構つらい。雨のせいでベンチも濡れているので座ることもままならず、また雨に濡れた靴も若干気持ち悪い。赤いバスは約10分の遅れで到着した。

2017.10.28[Sat]
博多駅(発)~千代町16:38→直方駅18:16
JRバス九州、¥1,250

千代町に到着したJRバス九州の直方駅行
JRバス九州の直方駅

やってきたバスは中扉より後ろがえらく高いノンステップバス、引き続きのオートマ車だ。当初は低い位置に座っていたが、ノンステップすぎて景色が見えないので、途中で後部座席に移るものの、今度は薄暗くなってきたせいで外が見えなくなっていった。乗客は12名程度、半数が折り返し便のある山の神までに下車したが、自分たち以外に直方まで乗り通した乗客もいた*1。また、福丸、宮田といったバス停から直方方面への乗客も見られた。混みすぎるバスは嫌だが、乗客が自分だけのバスも切なくなるので嫌だ。その点、このバスは利用者がそこそこいたので安心して乗っていられた。

ルートは箱崎駅付近から昔ながらの道を抜け、新犬鳴トンネルで宮若市に入って直方へ入るコースだ。前述の山の神バス停までは何とか外が見えたが、宮若市に入ってからは暗くなってしまい、外は確認できず。旧来の道を進む部分などもあり、明るい時間に乗りたかった路線だが、こればかりは仕方がない。そろそろ乗りつかれたと思ったタイミングで跨線橋を越え、15分ほど遅れて直方駅へと到着した。

直方駅では明日の帰りの切符を購入し、ふたたびバス停へ。ただ、バスを確認するとどうも1時間くらいなさそうに見える*2。机上調査の際は何本か存在した記憶があったが、寒い中これ以上バスを待つのも嫌なので、徒歩で日の出大橋を渡り本日の宿である「プラザホテル直方」へと向かった。

雨に降られたことが大きく、昨日よりも疲れている。外に出るのも億劫になって、ホテル内にある「ふくふく亭」でアルコールを補充することにした。可もなく不可もなくの飲みを終え、少し体力が復活してきた勢いでちょっと離れたコンビニへ行き夜食を調達。再度飲み始めた松本さんの話声を聞いているうちに、いつの間にか眠りに落ちてしまう。


*1:ちなみにその乗客は降車の際、我々と同じ青いSUNQパスを提示していた。

*2:実は現地で筑豊直方西鉄直方と混同したための勘違い。実際は西鉄直方へ行くバスがタイミングよくあり、日の出大橋を越えている最中に追い越されている。

2017.10.26-29 南から北へ27

上宇美バス停は多方面へのバスが出ているらしく、ターミナル的な雰囲気だ。待合室と言えるようなものはないが、長い屋根つきのベンチがある。しばらく待つと始発バスがやってきた。

2017.10.28[Sat]
上宇美15:08→千代町15:50大濠公園(行)
西鉄バス[34]、¥440

大濠公園行の側面 千代町にて
大濠公園西鉄バス

平坦な市街地を走るバスなので、眠気覚ましにと運転席横の「展望席」に座ってみる*1。乗客は上宇美からは6名、以降はポツポツと増えていき、千代町に着くころにはほぼ座席は埋まっていた。宇美から志免町を通って天神へと抜けるバスなので、こんな中途半端な時間のバスでもそこそこ利用者がいるのだろう。

バスはこの旅始まって以来のオートマ車。運転士はシャツの上にソフトバンクホークスのレプリカ*2みたいなのを羽織っている。地元での日本シリーズ*3なので、西鉄バス全体でやっているのかと思ったが、すれ違うバスを見ると来ていない人が多い。その代わり、ビザ屋の配達員が同じレプリカを着用してバイクに乗っているのを見かけた。どんな仕組みなのかはよく分からないが、地域全体で応援している気概は伝わってきた。

途中、たしか苅屋のあたりの対向車線で、同じ西鉄バスの路線バスが交通事故を起こしたようで、警察の聴取を受けていた。通りすがりで眺めた感じでは破損もなく、ちょっとした接触事故のようだったが、すでに乗客はなく*4表示は「回送」になっていた。ちなみに、それまで対抗するバスには様々な方法で合図を送っていたこちらの運転士だったが、さすがにこの運転士には合図を送っていなかった。心中察したのか、そういうルールなのか、二人の関係が嫌悪なのかまでは識別できなかったが。

御手洗のバス停までは片側1車線の若干狭い道を走ってきたが、二又瀬交差点を左折してからは道も広くなり、快適な速度で進むようになる。ただ、そこまで来ると千代町はもうすぐそこ。再び雨の勢いが強くなってきた屋外へと出なければならない。写真を撮り忘れていたので慌てて撮影しつつ、地下鉄の構内へと逃げ込んだ。


*1:というより、良く座る中ドア直後の席が塞がってしまったからだが。

*2:ただし、白地に赤フチの文字という見慣れないものだった。

*3:ちなみにこの日は第2戦が行われた。

*4:おそらく後続のバスに振替済なのだろう。