2017.06.22-25 approach1

 

前口上が長すぎた。そろそろ本題に入ろう。……といっても、旅の記録を兼ねる意味で、アプローチから書き進めていく。北から南はもうちょっと後で。

まずは鹿児島へ。スタート地点であるホテル佐多岬を目指す。富山在住なので、朝一の飛行機で羽田へ移動する。

2017.06.22[Thu]
富山07:10→羽田08:15
ANA 312

天気は薄曇り。スーツ姿の男性が多いが、ツアーの団体も見える。聞こえてくる話の内容から沖縄へ行くツアーのようだ。

機体はB767-300。富山では見慣れた機体で面白味はない。離陸は北向きで。日本海の海上は雲がないが、陸には雲がかかっている。富士山は雲の上に飛び出して見えた。

飛行コースは、富山~羽田でよくある大子回り。座席が右の窓側なのでしばらく外を眺めていたが、上越市上空あたりまではかろうじて分かったものの、以降は雲海の上となる。

次に場所が分かったのは、那須塩原市。川の位置、新幹線のルート、市街地の位置などから、黒磯駅の北側を東南方向へ飛んでいたと思われる。その後遠くに中禅寺湖を眺めながら南下。筑波山の東側を通過し、木更津市上空で旋回。アクアラインに沿って高度を下げ、34Rに着陸。出発時は少々遅れ目だったが、到着は定刻だった。

2017.06.22[Thu]
羽田08:55→鹿児島10:40
ANA 621

鹿児島行の乗り継ぎ便は40分後でいい塩梅。客層はサラリーマンが多そうだ。

機体は先ほど同様B767-300。座席もこれまた右窓側。機内の映像装置が調子悪いらしく、安全ビデオ上映の代わりにキャビンアテンダントによる実演説明が行われた。よりエンターテインメントだ。

離陸はD滑走路の05から。誘導路を走行中、並んでいる飛行機を後方から眺めることになり、飛行機のお尻の魅力に目覚めてしまう。

離陸後すぐに旋回して西へ向かう。東京湾上では雲もなく良い眺めだったが、次第に雲が濃くなってきて、平塚以降は雲の中。以後、宮崎上空まで地上は見えなかった。

鹿児島空港への着陸は16から。到着は10分ほど遅れたようだ。地上は雨が降っているようで、飛行機から出ると湿気が体にまとわりつくようになる。天気が悪くても、十分南国感がある。