2019.09.25-28 南から北へ139

2019.09.26[Thu]
昭和伊南総合病院…赤木駅/徒歩、6.4km

駒ヶ根市には以前、こまちゃんバスというコミュニティバスが走っていたが、利用者の大幅な減少があったため全廃され、デマンドタクシーに置き換えられたとのこと。廃止の理由は利用者減よりも市の財政状況の悪化のせいじゃないかと思ってはいるが*1、ともかくないものはないので、バスのある伊那市域まで歩いて進む。

病院の近くには、駒ヶ根市内を走る唯一の路線バスである伊那バス駒ケ岳ロープウェイ線の板橋下バス停があるが、歩く距離がさほど短くなるわけではないため利用せず。また、ルート的には伊那中部広域農道を進む方が徒歩距離が短くなるが、大田切川の橋には歩道がなさそうだったので、これもパス。時間的には余裕があるので、寄り道をしながらのんびりと歩くことにする。

駒ヶ根市内のロードサイドショップ
酒のスーパータカぎとアメリカンドラッグ

まずは駒ヶ根インターから延びる、ロードサイドショップの多い通りを東進する。基本的には下り坂なので、歩くのは楽だ。途中、スーパーに併設されたマクドナルドがあったので、そこで朝食をとる。コーヒーを飲みながら外を眺めると、マックの向かいにはなぜか「ぎ」だけがひらがなの「酒のスーパー タカぎ」と、なんだかキマりそうなモノを扱ってそうな*2自由の国の名前を冠した「アメリカンドラッグ」が併設されていた。素敵な街だ。

北の原公園(共楽園)にて
共楽園の蒸気機関車D51

国道153号との交差点を左折し、少々迷いながらも住宅地の中を抜ける道を進んで、北の原公園(共楽園)を横切って大田切駅へと抜ける。公園には蒸気機関車が保存されていたが、D51って飯田線走ってたっけ? という点に引っかかった。そもそも戦前から電化されていた路線の沿線で、蒸気機関車を保存する理由がよく分からないが、熱心な人でもいたのだろうか*3

狭い道と歩行者専用の道路標識
大田切駅から共楽園への道

公園を抜けた先、大田切駅側は急な崖で、歩行者専用の道で下っていく。舗装はされているので、山道とは呼べないが、そこそこ急な坂道だった。大田切駅近くまで降りて休憩をしていると、駒ケ根方面から列車が到着し、紅白帽をかぶった子供たちが降りてきた。ふと、飯島駅で見た光景を思い出したが、確証はない。子供たちは先生に引率されて共楽園への道を登って行った。遠足日和で良かったなあ、なんて思いながら、先へ進む。

大田切川を越えると宮田村。少しの間は国道153号を進むが、すぐに旧道っぽい道へ入って、あとは延々と道なりに進む。宮田村の中心部は、閉まっている店もあるものの、村の商店街にしては十分元気な感じ。おもちゃやがまだ稼働しているのにはけっこう驚いた。

店や住宅が途切れて田んぼが多くなると、赤木駅はもうすぐ。大量のアキアカネが山側から天竜川方向に飛んでいく中、10時半くらいに赤木駅へ到着した。駒ケ根駅をスタートと考えれば3駅分歩いたことになるが、飯田線の駅間は短いので、それほど疲労感はない。ちょっとのんびりしすぎたかもといったペースだが、次のバスまでまだ20分はある。むしろちょうどいい感じだ。

赤木駅前にて
赤木駅前バス停と赤木駅


*1:wikipedia:駒ヶ根市より。

*2:あくまで印象だ。

*3:なお、保存されていた蒸気機関車は、山陽線伯備線などで活躍していたとの解説があった。保存理由がますます分からなくなった。