2019.08.11-13 approach

暑さを理由にこれまでは避けてきたお盆休み中の「南から北へ」だが、このままだとなかなか進まないので、少しでも距離を伸ばすべくちょっとだけでも進めておく。

ということで、まずは前回の最終地点である徳重を目指す。名古屋まではバスだ。

2019.08.11[Sun]
富山駅前08:20→ミッドランドスクエア前11:55名鉄バスセンター(行)
富山地方鉄道 名古屋線、¥4,800、241km

富山駅前にて
富山地方鉄道 名鉄バスセンター

富山駅前でバスに乗り込もうとしていると、高速バス乗り場のとなりに北陸ドリーム四国号が到着して降車扱いを始めた。プレスリリースが出たときは、そんな需要がはたしてあるのかといぶかしく思っていたが、人の移動の多い時期ということもあって10人ほどが降車していた。もう少し運用開始が早ければ「四国逆回り」には確実に絡めていたと思うので、その辺が残念ではある。

富山駅前にて
富山駅前に到着した北陸ドリーム四国号

乗りたいバスの話はおいておいて、乗車するバスの話に戻す。富山~名古屋間のバスは時間1本で走っていて、運賃も安く、また所要時間も3時間40分で鉄道と大差なく*1、つまりはバス優位な区間となっている。乗ったバスは続行便はないものの満席で、利用者は若い人が多かった。天候は雲が多いものの晴れ、暑くなりそうな夏空だ。

休憩はひるがのSA、人は多いが混み具合のピークではなさそうな感じ。道路もSAも混んでいるのは下り側だが、それでもまだ渋滞はしていないレベル。SA出発後も極めて良い調子で東海北陸道から名神名古屋高速とたどり、ミッドランドスクエア前へ時間通りに到着する。チケットは名鉄バスセンターまで押さえてあったが、こっちの方が乗換しやすそうなので、ここで降車して地下鉄に乗り換える。

2019.08.11[Sun]
名古屋12:12→徳重12:47 桜通線
名古屋市営地下鉄、¥330

うだるような暑さの地上を避けて、すぐ地下へ。時間には余裕があるので、徳重で食事を済ますつもりでさっさと桜通線に乗り込む。名古屋では混んでいた車内も今池を過ぎると空いてくる。うつらうつらしてくると終点徳重、駅併設のショッピングセンター「ヒルズウォーク徳重」でのんびり昼食を済ませたが、それでも時間はたくさんある。暇つぶしに周辺の写真を撮ったりもしたが、外があまりにも暑いのですぐに断念、結局時間ぎりぎりまで店内で涼を取った。

暑すぎて誰もいない
バスターミナル直上にあるヒルズウォーク徳重のテラス


*1:同時刻帯で比較すると、高山線の「ひだ」を利用した場合は4時間4分とバスよりも時間がかかり(8:00→12:04、¥7,130)、また北陸新幹線しらさぎ東海道新幹線としても(乗継が悪いせいもあるが)3時間35分とバスよりは早くなるものの、2回乗り換えが必要で金額は倍くらいになる(7:50→11:25、¥10,050)。