2019.04.26-05.03 四国逆回り30

2019.05.01[Wed]
高知医療センター09:09→後免町09:43
とさでん交通 [ご4]、¥580、14.8km

高知医療センターにて
とさでん交通 後免町

とさでん交通の系統番号にはどうしてもなじめない。5年ほど前からこうなったようだが、Y5G10 とか G1J1 とか言われてもピンとこない。ただし、次に乗るバスは「ご4」、後免発着の路線ということが明快に分かるので好きだ。ひらがなが良い味を出している。他もひらがなにすれば良いのにと思う。

「ですか」だと、この高知医療センターは乗継割引が可能なバス停だが、乗り継ぐ客はおろかバスに乗ろうとする人も見当たらない。終点まで結局乗客はひとりだけ、慣れてはきたが、運転士と2人きりというのはどうも緊張する。

バスは海沿いを東へ進み、まずは前浜車庫へと向かう。海沿いといっても、海岸沿いの1段高い丘陵部の内陸側を進むため、海は見えない。前浜通の交差点を右折したあたりから雨がさらに強くなり、前浜車庫に到着。車庫といっても何か施設があるわけでもなく、バス停と砂利の待機場があるだけ*1。バスが1台待機中で、そこからちょっと離れたところに「ご4」は停車、時間調整となる。エンジンが止まると雨音が良く聞こえる、というかむしろ騒々しいくらい。

バス車内には「お客様アンケート結果」が掲示されていたので、時間調整中に眺める。接遇レベルの「高い乗務員」と低い乗務員に二極化の傾向とあり、内訳も「お叱り」と「お褒め」ほぼ同数程度となっていた。こういった類いのアンケートは、基本的に不満があればすぐ書くだろうから、同じくらい「お褒め」があるのは、相当レベルが高いように思えるが、それでは満足していないようだ。個人的には「お叱り」したくなるような運転士には出会わなかったので、とさでん交通の接遇レベルは高いと思っている。

前浜車庫から先は北へ向かって進む。高知空港の滑走路をアンダーパスするなど、ルート的には面白いところを通過し、立田前浜通*2で安芸へのルートに合流する。以降はどこで降りても良いが、待合所がある終点まで乗り通す。

寄り道をした結果、待ち時間が90分から40分になった。雨はまだ降り続いているので、周辺をうろうろできないのは残念だが、電車が出ていくのを眺めたり、コンビニで予備の昼食*3を購入したりなどして過ごした。

後免町バス停・停留所併設のローソン
マチのほっとステーション ごめん町サービスセンター


*1:2014年のストリートビューには古びた建物が写っているが、今回は見かけなかった。

*2:このバス停、乗車時には気づかなかったが、バス停のある立田から車庫のあった前浜へ行く通り、という意味のようだ。なお、安芸方面の次のバス停は「立田山田通」で、土佐山田方面への道が伸びているあたりにある。これまでよく見かけていた「○○分岐」の亜種みたいなものか。

*3:昨日買って今朝食べたパターンが記憶に新しい。