2019.01.04-06 年末年始ふり~きっぷ41

2019.01.04[Fri]
富山駅前③08:05→富山大学附属病院08:35富山駅前(行)
富山地方鉄道 [16]富大附属病院・朝日循環線、¥450(410)、9.9km

富山駅前にて
16系統富山大学附属病院行

続いて乗るのは、富大附属病院行のバス。昨年は附属病院から富山駅前まで乗車*1したが、附属病院の前後が循環運転となっていて、ファミリーパーク前経由のルートは通っていなかった。今回の乗車でその部分を補填する。

乗り込むと、バスの車内は冷え切っていて寒い。車庫から出て来たばっかりの車体と思われる。富山駅前からは10人の乗車で出発し、途中の増減はあったがほぼ同数のまま富大附属病院へ。平日とは言えまだ稼働していないところもあるためか、道が空いていて富山大学前と金屋で時間調整が入った。次のバスの乗り継ぎは(可能なら)到着5分後に出るバスにしたいところなので、時間に余裕があるのはありがたい。

富大前を出たあとの次のバス停の案内が「五福九区」となっていて驚く。以前この近くに住んでいたこともあり、「五福小学校前」はなじみのあるバス停だったので、けっこうびっくりだ。バス停近くで外を見ると、小学校はちょうど解体工事の最中だった*2。見慣れた風景が変わっていくのは少々感傷的にもなるが、付近にあった店などを改めて眺めると、住んでいた当時と変化がない店舗は、その当時から潰れていた店だけな気がしてきた。まあ、それはそれで感傷的でもあるのだけれど。

運行母体別にバス停が分けられている
富山大学附属病院バス停

バスは若干早めに富大附属病院へ到着*3。直前で乗った人以外は全員降車し、自分以外は病院の中へ吸い込まれていく。バス停は以前来た時とは異なって、5つの乗り場に整理されていた*4。ただ、バスの大きさを考慮した間隔にはなっていないため、乗り場を無視してバスが停車するのはご愛嬌。さて、次に乗るのはエクスプレスだ。


*1:2018.01.02-07 年末年始ふり~きっぷ22」を参照。

*2:Wikipediaによると、2016年に移転したとのこと。

*3:早めと言っても、利用者が把握できるのは出発時間だけなので、到着時間的には丁度なのかもしれない。

*4:手前から順に、地鉄バス小杉駅富大病院エクスプレス呉羽コミュニティバス婦中コミュニティバス大学シャトルバス。ちなみに昨年の状態は前掲の記事(もしくはこちらの写真)を参照。