2018.10.18-21 南から北へ119

次のバスは求めていた港区役所行だった。ついてる。

2018.10.20[Sat]
南陽大橋西(発)~臨港線踏切14:57→港区役所15:02
名古屋市交通局 [東海11]、¥210、0.9km

臨港線踏切にて
名古屋市交通局 港区役所行

先ほど乗った飛島公共交通バスと同様、わずかバス停2つだけの区間乗車のせいか、運転士も「間違えて乗ってない?」みたいな不審顔、ちょっと肩身が狭い。

乗客は3人、空いている。バス停名の由来と思われる踏切を越えて、その先の通りを右折して、東海通バス停を通過。すぐに港区役所に到着する。道路を挟んだ西側には大きなショッピングセンター「ららぽーと」があって大層賑わっている*1が、それを横目に次のバス停へと歩き始める。

2018.10.20[Sat]
港区役所…労災病院/徒歩、0.8km

港区役所からは歩いて労災病院前へ。当初は河合小橋から乗ったバスの40分後に発車するバスで港区役所に到着する予定であり*2、また労災病院前で40分ほど待って次のバスに乗る予定だったので、河合小橋を40分早く出て滞りなく進めれば、労災病院前のバスは1本早くなるという目論見だ*3。なのでちょっと早足で進む。

上記のGoogleマイマップ上では道を進んだようにはなっているが、実際は労災病院の敷地内をショートカットして労災病院前へ。バス停に到着後、バスの来る方向を見ると、路線バスが1つ向こうの交差点で信号停車中だった。どうやら目論見どおりの成果となったようだ。


*1:正式名称は「ららぽーと名古屋みなとアクルス」。文章を起こす際に確認したところ、2018年9月28日オープンとのことで、開業して1月経っていない出来立てホヤホヤ(表現が古い)な施設だったようだ。

*2:その場合、臨港線踏切での乗換は不要。

*3:実際そこまで把握していなかったが、その目論見通り、予定のバスは1時間ヘッドだった。