2018.06.23-25 南から北へ84

2018.06.24[Sun]
西宮北口(発)~昆陽ノ里10:32→阪急石橋10:54~石橋北口(行)
阪急バス[96]、¥240、6.5km

昆陽ノ里にて
阪急バス 石橋北口行

バスはオーバーパス側から7~8分遅れでやってきた。昆陽ノ里からの乗ったのは自分を入れて4人、乗車済の人と合わせて9人が乗客となる。本数の少ない路線なので利用者はすくないんじゃないかと思っていたが、それほど少ないというほどでもない。車内はまだ新車の匂いが残り、運転士の丁寧なアナウンスから初々しさも感じられる*1。逆にそのせいでバスが遅れたのかもしれないが。

乗ったバスは西宮と石橋を結ぶバスだが、乗客の入れ替わりは早く、大鹿口を越えると昆陽ノ里以前からの乗客は自分だけになった。ルート自体は国道171号を走るだけだが、路線バスということもあり、側道を走ったりするので景色に変化がある。猪名川を越えると石橋はもうすぐ。次のバスの始発バス停である、終点一つ手前の阪急石橋で下車。残っていた乗客4人すべてが降りたので、バスは空身で石橋北口へと向かって行った。

阪急石橋に着いたのは11時7分、予定よりも13分の延着だ。ただ、次の路線は20分に1本運行しているので、多少遅れたところで問題はない。ただ阪急石橋は、なんでこんなところから始発となるバスが出るのだろう、と思うような、商店街の端っこのようなところだ*2。石橋の駅前が手狭なんだろうくらいの想像はつくが、駅からけっこう離れたところから出発するという点が(都会では割とよくある話なのかもしれないが)ちょっと気になった。


*1:今回乗った中で一番丁寧な運転だった。

*2:ちょうどその日イベント(アフリカフェア?)をやっていたらしく、放送がえらくやかましかったのを覚えている。