2018.04.29-05.03 南から北へ72

2018.05.03[Thu]
赤穂市民病院(発)~イオン赤穂店14:48→上郡駅15:21
東備西播定住自立圏形成推進協議会 ていじゅうろう 上郡ルート、¥200、19.9km

イオン赤穂店にて
東備西播定住自立圏形成推進協議会 上郡駅

本日最後のバスは、先ほどと同じ協議会が運行している上郡駅行だ。当該協議会が運行するバスはどちらも赤穂市内に出かける人を想定したバスと思われるが、その時刻設定が自分みたいな物好きにもえらく都合が良かったためにイオンでの乗り継ぎとなった。なお、これから乗る上郡ルートでは、上郡から午後便で往復した場合、イオンでの滞在時間は40分とちょっと短めだ。それでも利用者は自分を入れて4人いた。備前ルートよりも利用者が1人多くなったが、この協議会が出している利用状況[pdf]を見ても、上郡ルートの方が多く利用されているようだ*1

数分遅れてバスは到着。ここまでの乗客はなく、イオンから乗った4人だけがこの路線の乗客となる。バスはイオンを出てすぐに千種川の土手に上がり、以降はほぼ千種川に沿って上郡駅を目指す。基本的には広い道を快調に飛ばすが、根木付近と岡田整形外科のあたりだけ、妙に狭い道に入る。特に前者はGoogleのルート検索でも車は入っていけない*2、トンネルを迂回するルートを通っている。どうやら路線バス以外入れない道、「バス専用道」のようだ*3。そんなちょっとマニアックなルートを通過してくれるのは何となく嬉しい。


上郡駅行における「バス専用道」出口付近

バスは快調に飛ばし、上郡町へ。駅の手前でレジ袋を抱えた母娘が降りていき、乗客2人となって上郡駅へ到着。よく言えば開放的、直感を包み隠さず言えばだだっ広いだけ、そんな人気のない駅前ロータリーを眺め、念のためここから先へバスが出ているかどうかを確認しておく。「蜘蛛の糸」程度のバスはあるようなので、次回はここを起点としたい。次回までに「蜘蛛の糸」が切れていないことを祈る*4

上郡駅
上郡駅


*1:なお、協議会のサイトではバス停単位での利用状況を月別で集計して公開している。こういう数字は興味深いので、公開してくれるのは非常にありがたい。ただし、リンク先は他のリンクからはたどり着けないページのようにも見えるので、何とかしてほしいところではある。

*2:後掲のStreet Viewを見ればわかるように、車両進入禁止になっているため。

*3:実際には軽車両などは入れるようなので、厳密には専用道ではない。

*4:ただし、現時点では「蜘蛛の糸」の存在を把握しているだけで、「蜘蛛の糸」の先がどうなっているのかはあまり確認していない。なので、次回の起点が赤穂だったりするかもしれないが、その辺はご容赦いただきたい。