2018.04.29-05.03 南から北へ54

2018.05.01[Tue]
八本松駅17:22→西条駅前17:38
芸陽バス、¥400、6.8km

八本松駅にて
芸陽バス 西条駅前行

続くときは続くものだ。本日3度目の同じバスへの乗り継ぎとなる。今朝の坂上*1は予想していたことだが、昼時の広電バス*2や今回*3は想定していなかったので、やっぱりちょっと恥ずかしい。しかも、恥ずかしいと思っているのに、しれっとした表情をしている自分の対応にもまた恥ずかしくなる。

乗客は5人で、うち3人は夫婦とその子供。皆さん家路を急ぐ雰囲気で、磯松団地までで全員下車してしまう。その磯松団地からは1人が乗車したものの、こちらも西条西本町で下車。残りの西条駅前までの区間は一人きりの乗車だった。

車窓は、先ほどまで乗っていた瀬野から八本松までの山に囲まれた区間とは異なり、住宅やお店の多い区間を走る。道もそこそこ混んではいるが、それを見越したダイヤなのか遅れはほとんどない。西条に近づくにつれ、赤い*4瓦の家が増えていく。このあたりのデフォルト瓦は赤なのだろうか。屋根の特徴は瓦の色だけでなく、たいてい瓦の頂点付近に「なんかいる」タイプのやつだ。かっこいいが、お金かかるんだろうなあと経済的な面が気になってしまう。

もしこのバスが遅れた場合、終点のひとつ手前の中央公園前で乗り換えようと思っていたが、ほぼ時間通りなのでそのまま西条駅前まで乗り通すことに。「中央公園」という響きで、なんとなく林立するビルの中にある自然いっぱいのオアシスみたいな公園をイメージしていたが、子供たちがたくさんいて、しかもがっつり遊具で遊んでいる公園が出現し、ちょっと戸惑う。

西条駅前にはほぼ時間通りに到着。時間帯のせいもあるのか、にぎやかな駅だ。焼き鳥のいい匂いが漂ってきて、無性にビールが飲みたくなるが、次のバスまであまり時間がないので我慢する。


*1:南から北へ45」および「南から北へ46」を参照。

*2:南から北へ51」および「南から北へ52」を参照。

*3:前回記事参照。

*4:正確に言うなら、橙色という感じだ。