2018.04.29-05.03 南から北へ43

2018.04.30[Mon]
徳山駅前17:15→岩国駅前18:59
防長交通、¥1,100、59.2km

徳山駅前にて
防長交通 岩国駅前行(右)

本日最後のバスは岩国行、当該路線の最終便でもある。出発は17:15と、まだ夕方になりたてといった風情であり、最終バスの雰囲気は微塵にも感じられない。乗客は5人、徳山市街を走行する間もそれくらいの人数で推移したが、サンリブ下松西で6人が乗車し、車内が賑やかになる。サンリブは九州・中国地方に店舗があるスーパーマーケットらしい。そういえば午前中に寄ったサンパークあじすサンリブが入っていた記憶がある。ゆめタウンやイオン並みに集客力のあるお店のようだ。

バスは山陽新幹線に沿って谷あいを登っていく。途中、久保市のあたりでは旧道を走行したが、それ以外は国道2号をトレースしていく。清光台入口でまとまった下車があり、サンリブのレジ袋を抱えた人たちが清光台や勝間原といった新興住宅地の方へ帰っていくが、これでは国道からの分かれ道にあるスーパーミコーの立場がない。また、しばしの懸案だった、ニンニク臭が半端ない状態の鶏の唐揚げを車内に持ち込んだおばちゃんも勝間で降車し、バス車内が飯テロリストから解放される。

道は峠を上り詰め、高森へと下っていく。高森では時間調整のため数分停車。見回すと乗客は自分を入れて2人となっており、残った人も阿山で下車し、秋穂以来の乗客一人ぼっちとなる。この路線における高森はちょうど中ほどに位置するが、ここで乗客がいないのなら今後はずっと一人きりかと覚悟を決めていると、野口峠*1でおばちゃんが乗車。周囲には「いろり山賊」なるドライブインレストランくらいしかないので*2、そちらで働いている人が帰宅するのだろう。

その後入野では若い女性が乗車する。ハンドバック程度の荷物でそこそこ化粧も濃いめだったことから、これから岩国で働く人なんだろうなあと勝手な想像をする。こんな山間部から働きに出るのは大変だし、帰りの足はどうするのだろうと心配にもなるが、そこそこお金になる商売でもあるし、帰りはタクシーなんだろう、と勝手に妄想する。いや、そもそも「これから岩国へ働きに出る」自体からして妄想なのだが。

保木を過ぎると錦川を越え、いよいよ岩国が迫っていることを知る。バスは新岩国駅錦帯橋と経由して、あとは岩国駅に向かうばかりだ。すでにいわくにバスの営業エリアに入っていることもあり、バス停に待ち人がいても見慣れない防長交通のバスに乗り込もうとする人はいない。また、アナウンスを聞く限り、いわくにバスのバス停をいくつか通過しているようだ。そんなこんなで暗闇迫る岩国の街をバスは順調に進んで、中央通りで(妄想の中では)これからお仕事のお姉さんを降ろし、最終的にはやはり一人になって岩国駅前へと到着。バス停がなぜか駅から離れたロータリーの一角にあって、目と鼻の先にもかかわらずそこにたどり着くまでに3回も信号待ちをさせられた上で到着。駅前は整備中なので、それが完了した暁にはもっと良い場所にバス停が移動していることを願う。

岩国駅と防長交通のバス停
翌朝の岩国駅前(手前が防長交通のバス停)

ホテルは中央通りバス停の近くなので、歩いて戻ってチェックイン。1本前のバスでは牡蠣&ビールなんて言っていたのに、いつの間にか頭の中が中華モードになっていたので、近くの中華料理へ。入るとそこそこ値段のするちゃんとした中華だったので、ちょっと慌てる。幸い財布には余裕があったので、同じく慌てて最安メニューでまとめている他の人を尻目に、ちょっとだけ豪華な夕食をいただく……といっても3,000円程度だけど。中華とビールでちょっと幸せになりすぎたのか、宿に戻るといつのまにか寝てしまっていた。待ち時間も含めたら12時間近くバスのお世話になっていたわけで、体は相当疲れていたようだ。


*1:のぐちだお、と読むらしい。

*2:お店のサイトによると、日本の伝統文化、日本人の心を肌で感じて頂けるお店 とのことらしい。お店の名前は山賊なのにえらく崇高なことを言っている。ちなみに時間帯のせいかもしれないが、家族連れなどでけっこう混んでいた。