2018.04.29-05.03 南から北へ39

宇部新川駅でしばらく待つ。なお、宇部新川駅到着時、9:20発の新山口駅行は待機していて、乗り換える人がいないことを見計らって出発していった。2分しかなくても乗り継ぎはできたようだ。ただ、それほど急ぐ必要もなく、トイレを済ませておきたかったこともあって、先行するバスは見送った。

2018.04.30[Mon]
宇部新川駅09:40→サンパークあじす10:33
宇部市交通局[E5]、¥710、20.0km

宇部新川駅にて
宇部市交通局 サンパークあじす行

20分ほど待って乗り込んだバスはサンパークあじす行。「サンパークあじす」はスーパーマーケットか何かだろう。宇部の中心街を抜けたあたりでの乗客は8~10人ほど。自分以外はすべておばあさんだ。市が発行する優待証のようなもので乗っているせいか、だれも整理券を取ろうとしない。これだと利用状況が把握できず、費用補填が正確にできないような気もするが、市の交通局だからその辺はどんぶりでも構わないのかもしれない。

隣に座った高齢のご婦人2人は、地区の協力金の徴収方法について話が盛り上がっている。なんでも、ちゃんとした理由を説明すると、老い先短いご老人は払おうという気になれないらしく、詳細を説明せずに毎年のお金ということで集めたほうが効率が良いとのこと。ちょっとどうかと思うけど、分からない話でもない。

先ほどのバスと同様、ぽつぽつと乗降が続き、途中山口宇部医療センターへちょっと寄り道する。その際、宇部線のガードをくぐるのだが、そこが割と狭く、通過するときはちょっとときめいてしまった。しかも寄り道なので、往復2回も楽しめる、最高である。バスが狭いところを通ることに興奮するフェチ、ということだろうか。YouTubeを「バス 狭小路線」で検索するとそこそこ引っかかるので、好事家は自分以外にもいるようだ。


山口宇部医療センターへ向かう道にあるガード

その後バスは国道190号に復帰するも、またすぐ寄り道。今度の寄り道先はミスターマックス宇部*1、ここで半数が降車する。で、残った半分はサンパークあじすだ。ちょうど開店直後の時間帯ということもあり、このバスは買い物へ向かう人たちの利用が多いようだ。もちろん、私のようにバスを乗り継ぐ奇特な人は見当たらない。

ちょっとだけ時間があるので、サンパークあじすの店内をふらついてみる。地場のスーパー程度を想像していたが、本屋なども入るちょっとしたショッピングセンターくらいの規模で、思っていたよりも繁盛していた。何か買おうかと思ったが、次のバスの目的地での乗り換え時間は1時間ほどある。そこで腹ごしらえをするつもりで、サンパークはスルーした。

サンパークあじすパス停とサンパークあじす
サンパークあじ


*1:バス停名だ。おそらくお店の名前でもあるだろうが。