年末年始ふり~きっぷ36

2018.01.07[Sun]
富山駅前⑤08:20→辰尾団地08:47
富山地方鉄道 [41]辰尾団地線、¥490(440)、9.9km

富山駅前にて
41系統 辰尾団地行

続いての乗車は41系統の辰尾団地行、系統番号40番台のバスは初めての乗車だ。白地に緑色の文字のバスは、南富山駅前を経由するバスの色のはず。南富山より先はいくつかルートがあるようだが、今日はこの方面を重点的に乗る予定になっている。

天気は非常に良い。今日は歩きでつなぐ部分が多いので、天気が良いのは非常に助かる。傘も折りたたみのものしか持ってきていないので、歩いている最中に降られたら大変だが、今日は何とかなるだろう。

バスに乗ると、案の定他に客はおらず、結局終点まで他の乗客は現れなかった。生地循環線のとき以来だが、あちらは(循環バスゆえに)途中で下車している。出発から終点まで乗客が自分だけというのはこの「地鉄バスに乗る」では初めてだ。この時間、というか日曜の朝の下りはどこもこんなものとは思うけど。

バスは太郎丸口まで系統番号30番台と同じルートを進み、富山市民病院に寄ったのち、南富山駅前を経由して辰尾団地へと向かう。途中、太郎丸一区と南富山駅前の2か所で例の自衛隊の広告が入った。バス停名に学校の名前はないが、確かに周辺には高校が2つある*1。これらの高校に通う人が公共交通機関を使う場合、市電がほとんどだと思うが、ともかく広告は流れた。

北陸自動車道をくぐった後はのんびりした風景が広がる。初日に乗った流杉病院行や大場発のバスと似たような風景だ。辰尾団地口の手前で右折しバス停を越えると、辰尾団地は次だ。団地手前にあるロータリーに入ったところで終点、バスを降りる。

2018.01.07[Sun]
辰尾団地…安養寺/徒歩、1.2km

辰尾団地からは少々歩く。辰尾団地は平屋の長屋が並ぶ市営住宅のようだ。少々古めかしい作りでもあり、住んでいない住宅も多い。辰尾団地から西方向に歩いて辰尾団地を抜け、30番台のバスが走る国道41号を目指す。天気が良く青空がまぶしい。道は歩きやすいが、ところどころ日陰に残った雪が解け、水たまりになっているところが割と難所だ。ただ、それほど邪魔になるわけではなく、10分ちょっとで安養寺にたどり着いた。これなら予定よりも1本早いバスに乗れそうだ。

2018.01.07[Sun]
猪谷(発)~安養寺08:59→富山駅前⑦09:27赤十字病院(行)
富山地方鉄道 [31]赤十字病院~猪谷線、¥470(420)、8.4km

猪谷からのバスということもあってか、すでに17人が乗車し、車内は混んでいた。その後も最勝寺の7人を筆頭に多くの乗降があり、最大25人の乗客となって市内中心部へと向かう。

ちょうどこの日、市役所前の道路で出初式が行われており、バスは総曲輪の先で右折して荒町方向を迂回する。市電通りを抜け、旧富山中央警察署に設置された臨時の富山市役所前を経てから富山駅前へ向かうルートだ。昔の医薬大行*2がこんなルートだった気がするので、ちょっと懐かしさを覚える。

このバスは赤十字病院行なので、富山駅構内のロータリーへ入っていく。駅前降車場より駅に近い(=交差点を歩いて渡らなくてよい)のでちょっと便利だ。富山駅前でほとんどが下車したが、2人の乗車もあった。富山駅前からの利用者がいることにちょっと驚いた。


*1:富山高校と富山いずみ高校。

*2:今で言うところの富大附属病院線。