2018.01.02-07 年末年始ふり~きっぷ35

さて、最終日だ。今日はスタートこそ富山駅だが、昨日と同様最初に乗るのはバスではなく電車だ。

2018.01.07[Sun]
富山06:23→東富山06:28 あいの風とやま鉄道線
あいの風とやま鉄道、¥230

東富山…富山東高校前/徒歩、1.2km

駅に着いたとき、カメラを忘れたことに気づく。これは結構へこむ。へこんだままふらふらと電車に乗り、その後もふらふらと富山東高校へと向かう。東富山駅の北側の踏切は鉄道側のカーブの途中にあるので、カントがあって渡りにくい。車で通るときにいつも思っていたことだが、歩いてもそれは同じことだった。そのうちここは立体交差になるみたいだが、歩行者にとってはカントを越えるよりも大変な上り下りが発生するのだろうか。それはそれで不便で困る。

ふらふらと東高校前にたどり着く。ずいぶん早く着いてしまったので困る。ちょっと遠いが南の方にあるコンビニまで往復し、コーヒーやら朝食やらを購入、戻りながらコーヒーを飲むことでちょっと気持ちが落ち着く。仕方がない、写真については10年前の携帯電話で撮ることにしよう。

2018.01.07[Sun]
山東高校前07:20→富山駅前07:51
富山地方鉄道 [76]上飯野団地経由東高校線、¥560(500)、11.2km

富山東高校前にて
76系統 富山駅前行

バス停が高校内のロータリーにあるので、バスを利用するためには高校の敷地内に入らないといけない。おかげでこの高校、バスがある限り校門を閉められない、なんてことになっているのかもしれない。しかも、この76系統、夕方こそ両方向あるが朝は上りのみの運転、つまりは高校への通学には利用できない。どういう経緯でここにバス停が設定され、どんな理由で通学に利用できないバス路線を許容したのか、いろいろ妄想がはかどる路線だ。

相変わらず発車時点での乗客は自分だけ、そろそろ慣れてきたがやはりちょっと落ち着かない。針原新町まではまっすぐ南下するものと思っていたが、飯野新屋や上飯野団地といったところに寄り道をしつつのんびり南下する。飯野新屋を過ぎたあたりで朝日が車内を照らすようになる。飯野新屋の通過予定時刻が07:27であるから、立山のおかげかずいぶんと日の出が遅い。ただ、日の出を見たのはこの切符を使い始めてから初めてかもしれない。今日は良い天気なりそうだ、いや、なってくれると良いが。

乗客は上飯野新町で1人乗っただけで、他に乗車のないまま終点へ。こんな状態ではなくなってしまうかもしれないが、幸い自分以外の唯一の乗客が定期券のようだったので、この方の利用がある以上、しばらく廃止はなさそうだ。

富山駅前に着いた後、30分ほど時間があるので、ベンチに腰掛けてバスの出入りをぼんやり眺める。08:00発の金沢行バスは23人の行列ができている。一度、この時間のバスに総曲輪から乗ったことがあるが、乗れたのは自分を含めて列の前から4人まで、以降の富山市内のバス停はすべて満員通過となったことがある。乗れて良かったものの、補助席で金沢までというのもある種屈辱的な感もある。とりあえず富山駅前で半分程度なら、市民病院前までなら乗れそうな気がする。もちろん根拠はまったくない。