年末年始ふり~きっぷ5

2018.01.02[Tue]
呉羽山老人センター(発)~富山駅前⑧11:31→中央病院11:45
富山地方鉄道 [92]呉羽山老人センター線、¥280(250)、3.9km

富山駅前8番のりばにて
92系統中央病院行

朝一で乗ったバス乗り場で再び待ち、今度は中央病院行に乗る。これも石金を通るので黒地に白文字だ。ちなみにここで書いている系統番号と路線名は、地鉄路線バス:運賃の検索富山市おでかけのりものマップ[pdf]に記載されている情報を元にしている。写真では62系統となっているし、バスの時刻表でも呉羽山老人センターから62系統となっているが、分かりやすい行先と系統で表示するようにしているだけと考えたい。ちなみに90番台の系統の方向幕の色は、60番台の逆、白地に黒文字となっている。

バスは総曲輪を経由して中央病院へと向かう。先ほど見た「大和渋滞」*1に巻き込まれないか心配していると、バスは車線変更して中央の車線へ。総曲輪ではその位置で降車を行い、左折後も中央寄りの車線を走ることでグランドパーキングへと続く車列を回避した。すばらしい、と素直に感動したが、その後どのバスに乗っても同様の回避を行っていたので、運転士同士で共有された知見なのかもしれない。

バスは富山市役所前までに自分を含めて5人の乗車があったが、石金までに全員降りてしまい、中央病院へは自分一人で向かう。バスを降りると、また雲行きが怪しくなってくるようで、風花が舞っていた。あまりにも寒いので待合室へ入って、次のバスを待つことにする。


*1:日枝神社渋滞かもしれないが。