2017.10.26-29 南から北へ31

次に乗るのは「特快」だ。急行の次は特快、首都圏の電車を乗り継いでいるような気分になるが、乗り継ぐのは九州のバス、西鉄バスだ。バス停にはすべてに停まるバスが出発を待っていたが、特快に乗る我々は見向きもしない。のんびりしたバスが出ていくと、すぐに特快がやってきた。

2017-10-29[Sun]
折尾駅(発)~西鉄黒崎バスセンター08:00→砂津08:41
西鉄バス[特快]、¥380、12.8km

黒崎バスセンターに到着する砂津行特快
ピンボケすぎて何だか分からない砂津行特快

あまりにも自分の中で「特快」という言葉で盛り上がりすぎていたせいか、写真がボケボケだ。黒崎からの乗車で乗客が12人ほどになったバスは、足元の悪い状況の中、それでも特快で進む。確かにいくつかのバス停は通過しているようだが、窓ガラスが曇っていてどこを走っているかすら分からない。いくつか丘を越え、変化のない景色の中を進むとふいに小倉駅前のアナウンスが流れる。さすがは特快、早い早い。小倉駅前を過ぎたら砂津はもうすぐだ。

途中での乗降もあって、最終的に乗客6人になったバスは、終点砂津へと到着する。砂津行が多いのでバスの営業所でもあるのかなと想像していたが、案の定バス停の南側に広大な車庫が広がっていた。雨は小降りになってきたものの、あいにくバス車両にはあまり興味がないので、このままバス停で次のバスを待つことにする。ここも上屋があって傘を出さなくても良いのは助かる。