2017.10.26-29 南から北へ26

私も松本さんも人の多い観光地には興味がないため、太宰府天満宮自体にはさほど関心がない。ただ、次のバスまで時間があるという消極的な理由で寄るだけだ。昼食を摂った喫茶店のそばにコミュニティバスのバス停があったので、そこから太宰府天満宮へと向かう。

2017.10.28[Sat]
西鉄都府楼前駅(発)~いきいき情報センター13:25→宮前13:34~内山(行)
太宰府市コミュニティバス まほろば号、¥100、1.9km

いきいき情報センターバス停に到着するまほろば号
太宰府市コミュニティバス まほろば号

ほぼ時間通りに到着したバスの乗客は、自分たちを入れて4人。あいかわらず雨は降っているが、食事をしているうちにいくぶんか弱くなってきたようだ。バスは渋滞している天満宮への道をのんびり進む。昼食時に地図で確認した感じでは、宮前というバス停で降りると都合が良さそうなので、そこまで進む。運賃表のところに掲示されている案内を見ると、SUNQパスも使えそうだったので、運転士に確認したうえでSUNQを使わせてもらう*1

さてさて、次のバスまで1時間ほどある。太宰府天満宮でそこまで時間がつぶせる気はしないが、ともかく天満宮へと裏から入る。名物や名跡に関心がないため、境内にあった飛梅にも気づかず*2、心字池も通らずに観光を終えた。所要10分程度であった。

それにしても外国人が多い。観光客で言うと、中国人5*3:日本人4:韓国人1といったバランスだ。参道を抜けて駐車場まで歩いたが、湖南省の団体さんが大挙して訪れているようだった*4。駅前にあった一蘭でも中国人が行列を作っていたし*5、参道では中学生っぽい数名が募金の呼びかけ*6を誰彼構わず行うし*7と、西鉄太宰府駅周辺は相当カオスな状態だ。毒気にあてられたような気分になってきたので、早めに駅横の太宰府バス停へと移動。次のバスを待った。


*1:まあ、使えなくてもたった100円ではある。

*2:皆が写真を撮っている樹木、程度の記憶はある。

*3:台湾含む。

*4:バスに振られた番号は、最大「19」を確認済。

*5:松本さん曰く、一蘭は中国人に人気らしい。

*6:たしか、あしなが育英会だったと思う。

*7:元やウォンで募金されたどうするつもりだったんだろう。