南から北へ14 今後のルート選定3

近々続きをやってくるつもりだ。そこでいろいろ調べたが、当初利用しようと思っていた別府ゆけむり号*1がすでに廃止(2017年1月)されていたことに気づいた*2。何をいまさらな話なのだが、なくなるとは考えてもいなかったので、地味にダメージが大きい事実だ。

また、バスを乗り継いで小倉方面を目指そうとしても、中津より先で民間事業者によるバスがなくなってしまい、乗り継いで進むのは非常に困難な状況であることも見えてきた。バスルートで眺めると何とか繋がっているように見えるが、描かれているのは市町村営のバスやいわゆるコミュニティバスばかり。乗り継ぎの悪さを許容したとしても、これらのバスの致命的な欠点である必殺技「土日運休」がある。いくつか調べてみたものの、土日を絡めたスケジュールで突破するのは不可能に近い。

ということで、大分市内を経由する必要性が相当薄くなる、というかほぼ対象外になる。以前「南から北へ13 今後のルート選定2」で書いたルートは軒並み選外だ*3

気を取り直して、現在は熊本県を経由するルートで再検討中。一度「南から北へ12 今後のルート選定1」にて検討済ではあるが、大分や別府を経由しないルートで再度調べている状況にある。どこまで進むかはまだ決めていない。なるべく先まで進みたい気持ちは強いが、だからといって特急バス*4だけを乗り継ぐのも趣がないように感じる。

さて、どうしたものか。


*1:スオーナダフェリーによる案内。

*2:wikipedia:別府ゆけむり号も参照。

*3:ただ、この中の「旧北浦町経由~(5c)市尾内下車パターン」は是非経験してみたかったルートなので、非常に残念ではある。

*4:一般道を走るが、停車するバス停の少ない都市間連絡バス。