2017.08.12 中津川→富山5

2017.08.12[Sat]
平湯温泉15:10→濃飛バス神岡営業所16:47
濃飛バス 奥飛騨富山線、¥2,060(富山駅前まで)

平湯温泉にて
濃飛バス神岡営業所行

標高が高いせいか、天候は曇り。曇りのせいというより、高所に位置するため涼しい。乗り換え時間が30分ほどなので、さすがに温泉に入っている時間はない。まずはきっぷ売り場へ。次の行き先は神岡なのだが、地鉄の時刻表を見ると、乗り継ぎ可能なような表現になっている*1。通しで買えるならそちらのほうが安い*2ので窓口で聞いたところ、富山まで通しで買えるとのこと。早速買ってしまう。これでやることがなくなる。

観光客を見ていると、外国人がけっこういる。最近平湯から扇沢行富士山駅行が始まったが、著名な観光地をつなぐバスということで海外からの観光客は利用する人もいるだろう。扇沢行など、どんなルートを通るのか興味があるので、なくなる前に一度は乗ってみたいものだ。

定刻10分前に乗車開始、6人乗車で出発。東南アジア系の外国人も乗車し、富山まで乗り継いでいた。バスは福地温泉を経由し、まずは新穂高ロープウェイを目指す。栃尾温泉新穂高ロープウェイ間は中尾高原口のみ客扱いありだが、これは高山発の平湯・新穂高線がフォローするエリアなのだろう。往復区間では結局乗降はなく、二度目の栃尾温泉からはまた各停となる。その後上宝支所へも寄り道し(こちらは乗客あり)、神岡市街をくねくね走りながら終点の神岡営業所へほぼ定刻で到着した。


*1:一方、濃飛バス側の情報は乗り継ぎ表現がされていない。

*2:通しなら2,060円。神岡分割だと1,440+1,360=2,800円とずいぶん違う。