2017.06.22-25 南から北へ10

 

2017.06.24[Sat]
イオンタウン日向(発)~北町11:43→延岡バスセンター12:33~レーヨン前(行)
宮崎交通、¥920

北町バス停より

雨が小雨から本降りになる中、数分の遅れでバスがやってきた。これが今回の北上旅行の最後のバスとなる。4日間の休みでも旅を進められるのは実質1.5日。だが、遠隔地なので仕方がない。むしろ1.5日で延岡までたどり着けたのだから上出来と考えることにする。

すでにいた乗客は2名。両名ともに途中で降りたが、乗客は増える一方。一ヶ岡小学校入口で十数人の小学生が乗車し、立ち客も出てきた。小学生の一行は安賀多四丁目・三丁目で降りたので、おそらく友達同士でイオンにおでかけ、なんだろう*1

強くなってきた雨や、団体さんの乗り降りに時間がかかったせいか、延岡バスセンターには15分ほど遅れて到着。次回はここから続きを始めることになる。昼食をとるため、バスセンターの向かいにあった中華料理屋へ。ランチメニューも魅力的だったが、チャーハン&餃子を注文。期待以上においしかった。延岡へはもう一度来ることになるので、その時にはまた寄りたいと思うくらいだった。


*1:どうでもいいことだが、日向市南部ぷらっとバスのときの中学生も、今回の小学生も、下車時の運賃支払いのときに誰かが小銭を床にばらまいていた。気が急いたのか、慣れない行動のせいなのか。続けざまに起きたので地域特性なのかも、なんて意味の分からない想像もしてしまった。

2017.06.22-25 南から北へ9

 

2017.06.24[Sat]
日向市駅東口(発)~宮の下10:29→日向市駅東口11:23
日向市南部ぷらっとバス、¥300

宮の下バス停

バスの愛称は南部ぷらっとパス。日向市のサイトではなぜか路線図がリンク切れしていて、宮の下のバス停は「交差点周辺にあるだろう」くらいの博打だった。交差点から見えるところにあったので助かったが、もし見つからなかったら相当慌てたに違いない。

日向市駅東口にて

15分ほどの待ち合わせで、日向市のバスがやってきた。たぶん車種は日野ポンチョのショート。すでに乗客は3名おり、その後すべての座席が埋まるくらいになった。小さなバスとはいえ十分盛況だといえる。2016年4月に宮崎交通の日向~高鍋線路線廃止*1にともなう代替バスだが、乗客はそこそこいるようだ。

小さな車体を活かし、バスは美々津の重要伝統的建造物群保存地区の中を抜け、日向サンパーク温泉を経由し、都度こまめに乗客を拾っていく。南日向駅前では電車を待っていたと思われる中学生くらいの子供までさらってしまう傍若無人ぶり。こまめに停車したせいか、その中学生たちが運賃支払いの際にまごついたせいかは分からないが、10分程度の遅れで日向市駅東口に到着した。

このバスはSUNQパス適用対象外なので、整理券を見て運賃表で指定された金額を払うことになる。その際気づいたのだが、日向市駅東口発と思われる整理券番号も料金表に表示されていた。いわゆるラケット型*2で運行されているバスだが、始発からの金額が明示されているということは「正規の運賃で乗り通しできる」ということでもあり、個人的にはうれしい機能だ。ただ、整理券をなくした場合に請求される運賃も高くなるわけで、一般利用者にはあまりありがたくない仕様なのかもしれない。

日向市駅は明るく開放的な雰囲気の高架ホームだ。地上の自由通路を抜け、西口側の道路を通る宮崎交通のバスに乗り換えるため駅を横切る。駅の橋上化後、駅周辺の再開発も行われるらしく、西口側も広い敷地が更地となっていた。日差しも差しつつ小雨も舞う中、西松屋の前にあるバス停へと急いだ。


*1:日向市のサイトでは更新日が2017年となっているが、宮崎交通のサイト内検索で出てきたpdfを見ると「平成28年4月1日ダイヤ改正」とあり、さらに夕刊デイリーの記事もそれを後押ししている。廃止は2016年4月で間違いないと思う。

*2:終端部が環状ルートになっているもの。確認しにくいが、南部ぷらっとバスの時刻表から類推できる(美々津駅より先がラケットの面の部分にあたる)。

2017.06.22-25 南から北へ8

 

しばしの準備ののち、9時前にようやく歩き出す。出だしは日の射す中の歩きだったが、次第に曇ってくる。予報では下り坂なので、雨が降り出す前に宮の下へたどり着きたい。

番号の若い国道ということもあって、交通量はけっこうあり大型車の行き交いも多いが、歩道もしっかりあるので安心して歩いていける。キロポストが随所にあるのも心強い。勾配もそれほどきつくないため、蒸し暑さがなければ心地いい散歩だったかもしれない。……ということで、蒸し暑さがすべてをぶち壊してくれている。時期が時期だけにこればっかりは仕方がない。

歩みを進めると、ところどころに宮崎交通の赤いバス停がまだ残されている。掲示を見ると、廃止された旨の案内と都農町バス停留所としての時刻表が併記されていた。どうやら再利用されているらしい。ともあれ、国道をひたすら歩くという作業にバス停という目標があるのは(前述のキロポストともども)励みになる。

交通量は多いが人通りは少ない、田舎のバイパスにはありがちな状態の中歩いていく。道路沿いに目立つのは果物屋と川魚料理店、畜産関係*1の施設だ。宮崎~高鍋間でも気になったが、宮崎県では川魚料理というジャンルはメジャーなのかもしれない。

国道10号より眺めるリニア実験線跡

平日ならここまでバスに乗れた東都農のバス停*2を通り過ぎ、さらに歩き続けると海側にリニアモーターカーの実験線跡が見えてきた。これまでも並走してきたはずだが、国道は海岸線より一段上の段丘にあるため、確認できなかった。現在は太陽光発電に使用されているらしいが、道路からはさすがにそこまで判別つかず。

宮の下交差点(北向き)

1時間15分ほどで宮の下の交差点に到着。これから乗る日向市のバス停は、交差点を左に曲がったところにあった。到着とほぼ同時に雨が降り出す。雨と汗で濡れた額を拭きながらバスを待っていると、バス停の前にある住宅の家族が不審者を見るような感じで一瞥したのち、車で出かけて行った。直前にバス停や交差点の写真を撮っていたので、不審だったのだろう。いや、住民視点ならどう考えても不審だ。今後は自重することにする。


*1:鳥か豚か牛かは判別できず。

*2:詳細は前回の記事を参照。

2017.06.22-25 南から北へ7

 

翌日は5時に目が覚める。どうやら外が騒がしい。飲み屋街(といっても、繁華街というほどではないが)に立地しているホテルなので、飲み屋で夜を明かした若者が騒いでいるようだ。若さを羨んでいると、すぐにタクシーが連れて行ってしまい、静かな朝が始まる。

昨日のアイショップで購入したサンドイッチで朝食を済まし、7時半くらいにホテルを出発して高鍋バスセンターへ。バスセンターと言っても「営業所のある車庫」が適切な感じ。宮崎市内や西都方面などにバスは発車していくも、乗客はまばら、もしくは皆無といった状況。平日ではないせいか、すこしのんびりした雰囲気が素敵だ。宮崎交通名物(?)「すみません回送中です」も見れたし。

2017.06.24[Sat]
高鍋バスセンター08:10→道の駅つの08:47
宮崎交通、¥770

左側のバスがこれから乗る車両

曇っているものの、時折日も射すような状況で蒸し暑い。高鍋を出発したときは一人だったが、すぐにぽつぽつと乗降が発生する。ただ土曜日ということもあって、乗客数やバス停に止まる頻度はまばらな感じだ。多くて5名程度が乗車したものの短距離乗車が多く、ほとんど空気輸送みたいな感じで終点の道の駅へ到着した。ちなみに途中、川南町内のバス停で「トロントロン」というのがあった。前知識なしだったので、近くにそんな感じの公営温泉施設でもあるんだろう、くらいに思っていたが、どうやら地名らしい。google:image:宮崎交通 バス停あたりで検索すると、上位にいくつか出てくるくらいの人気 認知度はあるようだ。

ここまでお世話になったバス

さて。いったんバスはここで途切れる。

ここからは6.5kmの歩きとなる。ルートは国道10号を北上するだけで迷うことはないのだが、距離もあるので荷物をパッキングしなおす。飲み物の調達やトイレなども済ませておく。

なお平日ならば、歩く距離は1/3ほどになる。都農町の地域福祉バスが都農バス停*1から運行されており、高鍋に宿泊した場合、以下のようなスケジュールを組むことができる。

高鍋バスセンター06:15→都農06:46~道の駅つの(行)宮崎交通、¥710
都農バス停07:02→東都農07:33都農町地域福祉バス*2、¥200
徒歩約2km
宮の下08:34→日向市駅東口09:28/日向市南部ぷらっとバス*3、¥300
北町09:53→延岡バスセンター10:47宮崎交通、¥920

早朝出発となるが、いい感じにつながっている。それでも歩かなければいけないことには変わりがないが。


*1:宮崎交通のバスでいうと、道の駅つのの一つ手前の停留所がそれ。

*2:月~金運行、祝日運休

*3:日・祝日・年末年始運休

2017.06.22-25 6/23の移動まとめ

 

root

ホテル佐多岬08:00→垂水中央病院10:11/三州自動車、¥1,670
垂水10:30→鹿屋11:25/三州自動車、¥680
鹿屋12:20→広口13:50/三州自動車、¥1,280
広口14:42→青井岳温泉15:28/宮崎交通、¥930
青井岳温泉16:35→宮交シティ17:22/宮崎交通、¥1,000
宮交シティ17:50→高鍋バスセンター19:20/宮崎交通、¥1,230

link


2017.06.22-25 南から北へ6

 

2017.06.23[Fri]
宮交シティ17:50→高鍋バスセンター19:20
宮崎交通[105]、¥1,230

これが本日最後のバスとなる。始発~終点乗り通しのつもりだったが、宮交シティですでに乗客がいた気がする。どこかからの通し運用だろうか。

このころから後部ドア直後の席に座ることが多くなる。ノンステップバスならこの席から階段状となるため前の見通しもよく、左側に座るので、右側の眺めも問題ない。乗降する客層も確認できるので、自分の興味には適した座席だからだ。唯一の弱点は、左の窓側に経由地表示パネルが設置されている場合があり、そうなると左側の視界が遮られてしまう。ただ、これも目の前の後部ドアの窓からの視界で別に不満はない。ちなみに一番前は正面や運転士の挙動がよく分かる反面、前輪上の席なので脚が窮屈で長時間は辛く、また乗客の把握ができないので、あまり好みではない。

雨はすでにやみ、たまに夕日が差し込む中を北進する。橘橋を渡って宮崎市の中心街を通り抜け、神宮駅前あたりからは旧道を進み、日豊本線に寄り添うようになる。車窓はどこにでもあるような日本の郊外の風景そのままだが、バスはバイパスを避けて進むため、小さな商店や家屋の立て込んでいる道が多く、わりと飽きない。宮崎の車窓で気になったのは、海の近くを走っているはずが川魚料理の看板を掲げる店が多い点。地域的によく食べるのだろうか。

住吉駅前あたりまでこまめに乗降が発生し、立ち客も多くいたが、以降は降車客が多くなるようになり、佐土原*1駅前以降は降りる一方に。高鍋の街の手前で国道10号を右折し、宝酒造の工場横をすり抜けて高鍋駅前を経由して、終点の高鍋バスセンターを目指す。途中のバス停で、佐土原から乗った最後の乗客が高鍋の街中で下車したため、最終的にはまた一人になって終点にたどり着く。長距離だが遅れはなかった。ある程度の遅れを見込んだダイヤになっているようだ。

宿泊先は近くのホテル四季亭。バスセンターからは少し戻るかっこうになるが、明日はバスセンターからの出発なので、今日のうちに終点まで乗った次第。いくらフリーパスを持っているとはいえ、短距離を乗るのはちょっと気が引ける気持ちもある。ホテルの部屋は想像していたよりも良く、若干狭いながらも快適であった。

食事は食い気よりも飲み気だったので、近くの焼鳥屋へ。ホテルの周囲は飲み屋が多くいろいろ目移りしたが、手軽な感じのチェーン店へ。金額的に安く飲めたので良しとする。帰りにアイショップというコンビニへ。焼鳥屋で会計の際に近くのコンビニを聞いたところ「普通のコンビニじゃないけど」と言われて紹介されたところ。普通じゃないところに魅かれていろいろ買ってしまう。


*1:さどばる、と読むのだとばかっり思っていたが、バスの音声案内で間違いに気づく。正しくははさどわら。

2017.06.22-25 南から北へ5

 

2017.06.23[Fri]
青井岳温泉16:35→宮交シティ17:22宮崎駅(行)
宮崎交通[552]、¥1,000

青井岳温泉バス停で待機する宮崎駅行最終バス

いまだ弱いながらも霧雨が続く中、宮崎方面最終便の案内がされたのでバス停へと向かう。青井岳温泉からの乗客は自分を含めて4名。なお、宮交シティで降りるまで、常に自分以外の乗客がいた。これは今回の旅で初めての体験だ。

バスは青井岳温泉へ来た時と同じように、しばらく新緑に覆われた山間のワインディングロードを走行し、10分ほど走って視界が開けたあたりで七野に到着、小学生らしき人が乗ってくる。塾通いで帰りは家族の車、といった感じだろう*1。似たような小中学生は他のバス停でも数人見かけたが、不思議と高校生の利用は皆無だった。

田野町、旧清武町の(おそらく)国道269号の旧道部分を丹念にトレースしながら、バスは宮崎市中心部へと進む。夕刻ともあって一部では渋滞が始まっていたものの、10分程度の遅れで宮交シティに到着。これまでのバス停にはない、人で賑わう県庁所在地のバスターミナルに、若干戸惑いながら降り立つ。


*1:池田あたりで降りたが、下り最終バスの発車まで40分ほどしかないため、往復ともバスはさすがにないだろう。

2017.06.22-25 南から北へ4

 

2017.06.23[Fri]
西都城駅前バスセンター14:40→青井岳温泉15:28
宮崎交通[61]、¥930

霧雨をほとんど感じなくなったころ、バスセンターの前に次に乗る青井岳温泉行が入ってくる。最初から乗るのは自分一人だったが、都城市街であらかたの座席は埋まる。

都城には「デパート前」という、えらく強気な名前のバス停があった。固有名詞を冠する必要がない、少なくとも近隣でデパートと言えばコレ、ザ・デパートといったものがあったのだろう*1。道路の東側にそれっぽい更地があったので、現状は「デパート跡」が適切な気もするが、三州自動車と違って*2宮崎交通ではすぐに更新しないのかもしれない。いや、地域住民の思いが強すぎて変えられないのかもしれない。

バスは旧山之口町を目指して国道269号線を進んでいく。麓以降はまた一人旅となる。上野上*3より先は青井岳温泉休館日は運行されないとのこと*4。たしかに上記バス停を過ぎてからは、渓流沿いの人家の見当たらない道を進む。

終点の青井岳温泉のバス停は青井岳荘の正面にあった。折り返しのバスはすぐに最終バスとして出ていくが、宮崎方面へのバスは1時間ほど時間がある。いい機会なので入浴する。お湯はぬるぬる系で根占温泉よりもこちらの方が好み。しばし露天風呂にてのんびり時を過ごした。


*1:おそらくwikipedia:都城大丸じゃないかと思う。

*2:南から北へ3で触れた中学校跡バス停のこと。

*3:上野・上ではなく、上・野上らしい。

*4:これは宮崎側も同様で、末端部は開館日のみ運行される。

2017.06.22-25 南から北へ3

 

2017.06.23[Fri]
鹿屋12:20→広口13:50都城(行)
三州自動車、¥1,280

三州自動車都城行きバス

天気は曇り。時折霧雨が強くなるような状況。小一時間ほど待った後、都城行のバスに乗る。三州自動車はこれが最後だ。

利用状況をいうと、北札元まで5名程度の乗客があったが、あとは降りる一方。野方までに私以外は下車してしまう。「中学校跡」というバス停や、20~30年前までは活気があったであろう地場の商店跡など、切なくなる風景の中を進む。途中岩川や末吉のあたりで短距離乗車はあったものの、ほぼ一人ぼっちで都城へと入る。

広口の案内では「西都城駅お越しのお客様は~」と案内があったので、安心して降りる。

バスを下車後は徒歩で西都城駅へ向かう。

雨の西都城駅

西都城駅都城の中心街に近く、国鉄時代に高架化された駅だが、今日の駅に活気はない。霧雨でより濃い灰色となった高架部分、だたっ広いのに何もない駅構内、いずれからも物悲しさを感じる。

昼食を駅周辺で済まそうと考えていたが、適当な店が見当たらない。仕方なく駅に併設されたバスセンターの隣にある駅弁屋でかしわめしを購入し、バスセンターの待合所で食事を済ます。


2017.06.22-25 南から北へ2

 

2017.06.23[Fri]
垂水10:30→鹿屋11:25志布志港入口(行)
三州自動車、¥680

垂水のバス停、という言葉からは、町の中心にあるようにも思えるが、実際は町はずれにあるバス車庫の傍らにある。バス停の前にロータリーがあるので、旧垂水駅前かと思ったが、後で調べたら駅は別のところにあったらしい。漁港が近いことから、昔はこの辺りにフェリーが着岸していたのかもしれない*1

相変わらず始発からの乗客は自分以外皆無だが、本町、垂水中前と乗客があり、垂水港で座席がほぼ埋まるくらいになる。さきほどのバスもそうだが、フェリーに関係する乗客には若い人も多く、その点はフェリーもバスも公共交通機関として生きている感がある。結局、垂水港で乗った人の1/4は鹿屋以遠へ乗り続けていった。志布志あたりからの垂水フェリー利用者もそこそこいるのだろう。

バスは古江まで来た道を戻るかっこうになる。古江の停留所を出た後、バスはつづら折れの急な坂道で台地上に駆け上がり、鹿屋体育大の前を通り、鹿屋へと向かう。だんだんにぎやかになってくると鹿屋の中心街へ。再開発ビルっぽいリナシティかのやにある鹿屋バス停で下車した。

昼下がりの鹿屋バス停

鹿屋バス停はすべてのバスが南向きで停車するようになっている。おかげで垂水からのバスは、近くのローソンの周囲を一周するかたちで向きを変えたのちにバス停に到着した。乗り換えは楽だが、バスが遅れたせいで乗り継ぎ先のバスが見ている前で出発していく、なんて不幸も起こりそうだ。

リナシティかのやにはマックスバリュが併設されている。そういえば鹿児島県内でマックスバリュを多く見かける。この後通過する宮崎でも多く見かけた。こちらで良く見かけるのはマックスバリュとAコープ。そういうものなんだろう。あとどうでもいい話だが、リナシティかのやの待合所で小林麻央の訃報を聞いた。自分が考えていた以上に世間の関心は高いことに少々驚いた。


*1:垂水市のサイトを見ると、市内路線バスのバス停名に「垂水(旧フェリー乗り場)」の記載があるので、そうなんだろう。